スポンサーリンク




旅するように働き、生きる。モバイルボヘミアンという生き方<No 244>

ハワイ5日間滞在でも仕事はこなせる

2017年3月20日から25日までの5日間をハワイで過ごしました。

俗に言う業界の繁忙期を終えている時期とは言え、平日にこれだけの期間、仕事を離れたことはありませんでした。

ただ独立以来、

  • 電話・FAXはオープンにしない
  • ネット・モバイル環境の充実
  • 「今すぐ対応」をなくす

ように心掛けていたので、問題なく仕事をこなして、無事、日程を終えることが出来ました。

旅するように働き、生きるには

冒頭に挙げた書籍の著者である本田直之氏は私が影響を受けた方の一人です。

 
 
 
 
 
 
 
 
そして、私が多読を始めたのも少なからず影響されています。

 

 
 
 
 
 
 
 

時間や場所に縛られない生き方

著者のお二人は、時間や場所に縛られない生き方を実践しています。

日本と海外を行き来し、組織にこだわらない生活は、もはや、

  • 仕事だから
  • プライベートだから

と分けることはしていません。

今回、この本を読んで、そんな彼らの生活に対して、何の違和感を感じませんでした。

つまり、自分でも気づかないうちに本田氏の思考が自分のなかで形成されていたのです。

そして、この本を読んで、また一つ、目指すべき方向性が確立されました。

ハワイが可能なら…

国内であれば、ハードルは確実に下がります。

自身のタスク管理の徹底と、提供するサービスの質を落とさなければ、

ウィークデーでも、

  • 網走でワカサギ釣り
  • 軽井沢でロングステイ
  • 博多で同志と杯を交わす

ことも可能でしょう。

<編集後記>
4時35分起床後、ルーティン
午前中、法人月次処理
午後から、HPカスタマイズ・読書・ブログ執筆

スポンサーリンク