スポンサーリンク




「仕事」も「お金」も「行動」なしには動かない。ご縁は回りまわってくるもの。<No 495>

 

)育った隣町

 

 

昔の街並み

先日、融資を受けるために融資元まで自転車で向かいました。

 

その途中には私が育った街があります。

生まれは東北の秋田ですが、育ったのはこの街です。

数年、来ないと街もすっかり変わっていました。

昭和の香りが漂う建物はめっきり減って、
代わりに近代的な住居が立ち並んでいます。

35年前に住んでいた借家も例外でなく、
跡形もありませんでした。

ただ、お隣のお住まいはそのままで、
通りかかった時に偶然にもお隣のご主人にお目にかかることができました。

 

 

親と職業に助けられる

35年前の私はまだ小学生。

お隣だったご主人は私の両親よりも上の世代なので、
昭和ひと桁か、そうでないか。

タバコを吸ってらっしゃったご主人に声をかけると、
不思議な顔をされましたが、
名刺を渡し、昔ここに住んでいたことを語ると
腑に落ちた様子で笑顔になりました。

子供の頃のことなので、親がご近所さんとどの程度の
お付き合いだったのかはわかりません。

それでも、

「北海道の山本さん?(両親の出身)」

「まだ、〇〇に住んでるの?」

とそれなりのことをご存知でした。

また、自分の職業にも助けられました。

名刺を渡せばどなたにもわかってもらえる仕事ですし、
嫌な顔をされることもありません。

昔話に花を咲かせたのち、ご挨拶を終えてその場を去りました。

 

 

[ad#co-1]

ご縁は回りまわってくるもの

数日後、訪れた町内の別の方から連絡がありました。

お仕事の依頼です。

お会いしたお隣さんからという上手い話ではないですが。

それでも、自らアクションを起こしたことで、
引き寄せたのだと思っています。

融資元、かつてのお隣さん。

育った街にご縁があるのかもしれません。

 

 

 

[ad#ads1]

 

 

 

<編集後記>
4時15分起床後ルーティン
午前中、HP改善、申告作業
午後から、ブログ執筆

 


 

今日は、19時からの面談あり。勤務されている方なので。

夕方以降のお仕事は独立以来初めてです。

スポンサーリンク