スポンサーリンク




「パーソナルスペース」の確保で気がついたこと<No 440>

)HEP FIVE

 

 

気にならなかったことが、気になるようになる

現在、自宅の入り口付近の一室を
事務所部屋にしています。

ひとり税理士なので、
何の邪魔も入らない、
私のパーソナルスペースです。

毎朝4時半の起床後すぐにそこへ行き、

  • ルーティン
  • 仕事
  • ブログ執筆

を淡々とこなしていきます。

そうすると、勤務時代に気にならなかったことが、
気になるようになりました。

 

 

「パーソナルスペース」の確保で気がついたこと

やかましい声は、勤務時代であろうが、
今であろうが変わらず気になります。

そう言った大きな声ではなく、
電車内の隣の人など、
半径数メートル内の声が敏感に
耳に入るようになりました。

これと同じことはアメリカから
帰国したときにありました。

そのときは、慣れない英語を
必死に聞き取ろうとしていた日々から解放された
ことが要因でした。

帰国すれば日本語しか聞こえません。

そうすると、聞き取ろうとしなくても、
補聴器を付けたように耳に入ってくるのです。

これと同じで、
特にうるさく感じることはないのですが、
読んでいる本の内容が頭に入ってきません。

そんなときは、持参アイテムでパーソナルスペース
を作ります。

 

 

匂い

勤務時代は気にならなかった体臭や香水なども
「ん?」と感じる機会が増えました。

これは自分に置き換えます(^^;)

風呂場では、

  • 脇の下
  • 耳の裏
  • 襟足

をよく洗います。

特に男性の体臭が発散される耳の裏や襟足は
忘れがちです。

また、夏場は清涼系のデオドラントを1つ持って
歩きます。

人と会う前や、トイレに行ったときに、
軽く拭いておくだけ匂いを抑えることができます。

クール系だと自分もすっきりしますね。

 

勤務時代から一転して、
考える時間が多くなりました。

  • 新しい税務に挑戦する
  • 新しいサービスを考える
  • ブログネタを考える

この考える時間中に横槍が入ると、
それまでの思考が停止します。

勤務時代はそれほど感じなかったのですが。

理由は恐らく、同じお客様、同じ仕事を
ルーティン化していたので、
新しいことを考える必要がなかったからでしょう。

このような思考の停止を極力回避するために
私がしていることは、

  • 固定電話を仕事場に置かない
  • 電話番号をオープンにしない
  • 来所型の事務所にしない
  • 人を雇わない
  • 遮音性のある住居を選ぶ

など。

電話は鳴らない環境を作っておきます。

来所型だと、いくら予約制にしていても、
お客様や営業など急な来客は避けられません。

人を雇えば、メリットもありますが、
その分、思考が停止する回数も増えます。

遮音性のある住居だと、近隣の音は入ってきません。

今、住んでいる住居は、
雨が降っていることにまったく気付きません。

台風級の豪雨でない限り。

 

 

自分のスタイルを見つける

従来からの来所型の事務所で人を雇えば、
それなりに仕事も増えていくでしょう。

一方、私のようなパーソナルスペースを確保するスタイルだと、
新規で飛び込みされるお客様はいませんが、
集中力は増しますし、業務の効率化も図ることができます。

ひとりか、ひとりでないか、
事務所をオープンにするかしないのか。

自分のスタイルに合った働き方を見つけましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
4時45分起床後ルーティン
午前中、e-Tax送信、決算仕上げ、税務データバックアップ、預かり資料の整理
午後から、ブログ執筆