スポンサーリンク




散歩がデフラグ代わりになる。ぼーっと歩いて思考の整理<No 1128>

)フィット365

 

スマホを離したら、思考に隙間が生まれる

今朝起きたら、メルカリで出品した本が売れていました。

スケジュールの空いているところに、「メルカリ梱包・発送」と入れたのち、
その時間が来たら梱包して近所のセブンイレブンへ持参しました。

ネコポス or クリックポスト。メルカリで本を売るならどっち?<No 1104>

厚さ3センチを超えるなら、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトBOX<No 1088>

セブンイレブンまでは歩いて1分程度、ネコポスで発送するにはスマートフォンが必要ですが、
歩きスマホはせず、梱包した本を小脇に抱えてぼーっと歩いていました。

すると、やるべきことで忘れていたことを立て続けに2つ思い出しました。

  1. 府民共済に入ること
  2. 自転車保険のカテゴリーアップ

思いついたその瞬間、スマートフォンにメモしました。

帰宅後、そのメモをにスケジュール帳の空いているところに書き込みます。

スマートフォンを見ながら歩いていたら、おそらく思い浮かばなかったでしょう。

ぼーっとしているときに、何か思いつくことが多々あります。

<セミナー情報>

ぼーっと歩いて思考の整理

ぼーっとする

ぼーっとしていると今朝のように、何か思いつくことがあります。

私の場合、

  • 走っているとき
  • 歩いているとき
  • 入浴中
  • 歯を磨いているとき
  • 車窓からぼーっと外を眺めてるとき

にアイデアが降ってきたり、忘れていたことを思いだしたりします。

今は電車に乗る機会が少なくなりましたが、以前は結構な頻度で忘れていることを思い出すことがありました。

電車のなかや外にいるときはスマートフォンでメモをします。

メモ機能はGooglekeepから変えていません。

私のスマートフォンがGoogle製ということもあり、Googleのアプリを使うことが多いです。

Google Pixel3aレビュー。ケース・指紋認証・USB Type-c<No 777>

歯を磨いているときや食事中であれば、仕事部屋に戻って紙かPCでメモをします。

浴室でもメモできるボードを買おうか考えましたが、そこは割り切って自分の記憶だよりです。

タイムを気にしない

走るのは思考の整理にいいのですが、スピードをつけたランニングだとタイムが気になったり周囲の状況を細かくキャッチしなくてはいけないので、ぼーっとする暇がありません。

なので、走りながら思考の整理をするのなら、ジョギング程度にしておくのがいいでしょう。

正確な言葉の定義はわかりませんが、ランニングはキロ5分や6分くらいの速いペース、
ジョギングはキロ7分以上のゆったりしたペースと考えています。

キロ7分以上のゆっくりしたペースだと周囲の状況を細かくキャッチせずとも走ることはできます。

ジムのランニングマシンでゆっくり歩くのもいいかもしれません。
(私はガッツリ走っていますが)

人の少ない場所を選ぶ

人が多いところだと、ぶつからないように人を避けて走らなければなりませn。

また、視界に情報が入りすぎるので、ぼーっとする暇が生まれません。

なので、思考の整理がしたいなら、町中ではなく人の少ないところを選んだ方がいいでしょう。

  • 大きな公園
  • 池の畔
  • 川沿い
  • 海沿い
  • 山道など

近くに自然があれば走らない手はありません。

私の場合、近くに神崎川と淀川があるので堤防沿いを走っています。

町中を走ることはほとんどありませんし、堤防沿いまでの道のりも人通りの少ない裏道を走るようにしています。

<サービスメニュー>

散歩がデフラグ代わりになる

昔、よくハードディスクのメンテナンスのためにデフラグツールを起動していました。

そのとき、ハードディスク内のメンテの様子が視覚化され、細かいブロックが空いた隙間を埋めていく様子が画面に映りました。

これをよくぼーっと見ていたことがあるのですが、、自分の頭の隙間を埋めるのと似ているなあと。

常に仕事をしていたり、ずっとスマートフォンを触っていると、頭が常にフル稼働しています。

思考の整理をするために、たまにはぼーっとしてみましょう。

<編集後記>
昨日の木曜日
5時40分起床後ルーティン
午前中、法人のお客様決算手続き、ビジョン策定準備
午後から、フィット365でランニング5キロ。
帰宅してシャワーを浴びてからブログ更新

スポンサーリンク