スポンサーリンク




次の世代に「美田」を残す。ひとり税理士の使命<No 367>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

)白良浜

 

 

 

ひとり税理士歴一年

ひとり税理士として独立してから
もうすぐ一年です。

時の経過は早く、
自分ではまだ半年ぐらいの感覚です。

日々試行錯誤しながらも、
理想を追い求めてきました。

こういう生き方が出来ているのも、
「ひとり税理士」
というカテゴリーを世に広めてくれた、
お台場のボスのおかげです。

 

 

開拓者から伝道師、そして次の世代へ

ボスは「ひとり税理士」という
生き方を示してくれました。

また「ブログ」という武器も
与えてくれました。

しかし、これを駆使して戦うのは
自分ひとりです。

例えるなら、日本から遠く離れた辺境地で
支店も駐在所もなくカラダ一つでビジネス
を起こす商社マンとでもいいましょうか。

手元のマニュアルは「日本仕様」で、
その国、その地域ごとにカスタマイズするのは
自分の仕事です。

今の自分はまさにその状態なのでしょう。

  • 何が商売になるのか?
  • 自分に何ができるのか?

日本の本社(ボス)が直接手助けしてくれる
ことはありません。
(あたり前ですが)

しかし、現場のひとり税理士が戦える環境づくりを
日々発信してくれています。

ボスはボスでありながら、最も過酷な辺境地に
常に身を置いています。

 

 

次の世代に「美田」を残す

ひとり税理士は常にゲリラ戦です。

最前線で弾薬、燃料が枯渇しても、
後方支援はありません。

失敗して痛みを感じるのは自分です。

目の前の課題と戦いながらも、
理想の「ひとり税理士」を追い求めます。

そうして開拓したノウハウ(美田)を、
次からやってくる人達に伝えます。

 

 

「理想」と「現実」の間で出来ること

今はまだ、ゲリラ戦の最中ですが、
理想は常に頭の中にあります。

それは「ひとり」という生き方が
税理士の選択肢の一つになることです。

次の世代が続いてくれるためにも、
その道筋はくっきりつけておきます。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
4時33分起床後ルーティン。ルーティンとは
午前中、プリンター修繕、メール5件、決算段取り、プロジェクター購入、読書
午後から、ブログ執筆

3日連続で走ったので、今日は脚を休めます。

 


 

娘がブルゾンちえみのことを、
「ブルゾンチーム」と言います。

確かに、3人いてるしね・・

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク