スポンサーリンク




アイデアはパソコンの前では生まれない。紙とペンと付箋から始める<No 281>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

)Askul 再生紙100%オフィスのふせん

 

 

 

セミナー開催に向けて

7月1日のセミナー開催にむけて、準備を始めました。

以前、やらなければならないこととして、

  1. 現場の下見
  2. セミナー用PCの新調
  3. プロジェクターの購入
  4. 話す内容を固める
  5. プレゼン資料の下書き
  6. PowerPoint作成
  7. 話す練習

を挙げました。

今月の頭にスタートしてからの進捗状況をお伝えします。

 

 

紙とペンでブレスト

経験のないことなので、どこから手を付けて
いいものかわかりません。

ひとつのことに集中し過ぎて、他のことが
手薄にならないようにします。

 

現場の下見

今回の現場は、街の集会所です。

会議室やセミナールームでもないので、
常勤の管理者はいません。

なので、現場を見るのが一番早いと
現地に行きました。

 

当日は、30名前後の方がこられるとのこと。

マイク無しでも十分声が通る広さだと確認出来ました。

カラオケとモニターが備え付けてあったので、
確認したところHDMI端子が付いていました。

モニターとPCを接続できそうです。

その後、自治会の方からお話を聞きました。

 

 

セミナー用PCの新調

MacとMicrosoftのSurfaceを検討しました。

Macについては井ノ上さん植村さんのブログで、

  • グラフィックがきれい
  • 少数派であるところ
  • アピールできる

など惹かれたのですが、

  • Windows使用には一工夫が要
  • 接続ケーブルの増設
  • 操作に慣れるには少々不安

など、短時間で結論を出すには課題が多く
Surfaceも含めて今回は見送ることにしました。

 

 

プロジェクターの購入

今回は、集会所のモニターを利用することに
しました。

自分のLet’s noteとHDMIケーブルで接続します

 

 

話す内容を固める

自治会の方にお伺いしたところ、

  • 資産家はすでに相続対策している
  • こられるのは資産家以外の普通の方
  • 以前受けたセミナーは「億単位」の話で実感がわかなかった
  • ほとんどの方が自身の居住用建物を所有

ということだったので、
こういった方々にも関わりのある内容にします。

具体的には、

  • 「争続」にならない事前対策
  • 相続人
  • 公正証書遺言
  • 遺留分

など、基本的なことを事例を沿えて話す予定です。

 

 

プレゼンバイブル

法律という「食材」があっても、
プレゼンという「調理する技術」が
なければ食材を無駄にしてしまいます。

そこで、これらを参考にしました。

プレゼンテーションZEN 第2版
Garr Reynolds
丸善出版 ( 2014-02-21 )
ISBN: 9784621066034

 

 

 

裸のプレゼンター
Garr Reynolds
丸善出版 ( 2014-04-09 )
ISBN: 9784621066027

 

 

プレゼンバイブルの大事な箇所は、
手書きで読書メモを作りました。

作ったメモはEvernoteに保存しています。

 

プレゼン資料の下書き

こうして、ようやくプレゼン資料の
下書きに移ります。

まずは、ひとりブレストで思ったことを
何でも紙に書いていきます。

数日間、空いた時間に思いついたことを
書いていると紙が乱雑に積み上がって
いきました。

アイデアを完璧に出し切っていなくても
一度整理します。

紙に書いたことを、ポストイット(付箋)
書き写します。

全て付箋に書ききったら、
カテゴリーごとに分類します。

  • 概要
  • テーマ
  • 構成(2~3部)
  • オープニング
  • 内容
  • データ
  • スライド
  • メッセージ
  • エンディング

など。

とりあえずこんな感じで分類します。

そして、
今後は、

  • カテゴリーごとに「深く」掘る
  • ブレストを重ねて「広く」アイデアを膨らます

最後に、

要らないモノをそぎ落とします。

 

 

有料化に向けての下準備

人前で話すとなると、誰しも練習します。

しかし、どれだけ一人で練習を重ねても、
すでに活躍している先輩方には及びません。

初舞台、30名の前で汗をかいたら、
いずれ血となり肉となるでしょう。

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
4時30分起床後、ルーティン
午前中、相続診断士テキスト読み込み、書籍営業来所
午後から、ひとりブレスト、付箋に下書き

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク




1 個のコメント

  • […] は高額(DVD付属です)であることから、手を出すのを躊躇していました。 Amazonでポチる背中を押してくれた山本祐次良さん。はい、予想通りこの本にハマりました。読んでよかったー。 […]