スポンサーリンク




繁忙期でも家族と遊ぶ。娘と三年ぶりのドラえもん<No 704>

)TOHOシネマズ梅田

 

 

繁忙期でも家族と遊ぶ

3月2日の土曜日に、娘とドラえもんの映画を観に行ってきました。
 
これまでの繁忙期であれば、
自分だけでなく、家族も「そんなところでない」という認識でした。
 
しかし、普段から心がけている「平日午前中のみ働く」という意識が
家族全員に浸透したのでしょう。
 
​また今年は、より「遊ぶこと」を目標に掲げていたので、
繁忙期でも迷いはありませんでした。
 
娘と2人での遠出は久しぶりなので、互いに緊張していました。
 
最寄り駅までの道中、「とうち、行き方知ってるの?」と不安げな様子。
 
というのも、毎日の保育所送り迎え頻度は私に軍配が上がるものの、
電車での外出頻度は妻に軍配が上がります。
 
二人きりで電車に乗るのも二度目なので、
娘からすると、「遠出のエキスパート」がいなくて心配なのでしょう。
 
いつもなら、そんな娘の問いかけに、
「いや〜どこやったかなぁ、忘れたわ」
とか言ったりする私ですが、
これを言っちゃうと、緊張の糸が切れてしまいそうだったので、
堅実なところを見せておきました。
 
まずまずの滑り出しと安心していたのも束の間、
駅に近づくと、ホーム側から普段なら聞こえないアナウンスが聞こえてきました。
 
駅に着いて確認すると、「人身事故のため、北千里線の運転を見合わせています」
とのこと。
 
幸い、利用する河原町線は動いていましたが、遅延は出ています。
 
到着した天下茶屋行きに乗ると、遅延の影響で普段は止まらない箇所で何度も止まります。
 
いつもと違う様子に、「なんで止まるの?」と不安げな娘。
 
なんとか、乗り換えする次の淡路駅に到着したものの、
いまだに北千里線は動いておらず。
 
後続からの梅田行きをこのまま待っていたら、上映時刻に間に合いません。
 
しかたなく、そのまま天下茶屋行きに乗って天六経由の谷町線で東梅田を目指すことにしました。
 
その後、信号待ちで混雑した淡路駅を抜けると順調に進み出しました。
 
映画館までの道中、普段なら両親の周囲を衛星のように走り回るのですが、
「命綱は絶対に離すまい」ぐらいの気持ちで私の左手をグッと握りしめています。
 
そんなこんなで、上映時刻の30分前に無事到着しました。
 
 

 

スポンサーリンク

家に着くまでが遠足

上映前から購入したポップコーンを食べてると、
娘に「映画始まってからじゃないと、食べたらアカンねんで」
と注意を受けました^^;

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
5時20分起床後ルーティン
午前中、確定申告、記帳指導来客
午後から、ブログ執筆