スポンサーリンク




利益を上げて、お金を残すためにやるべきこと。利益が「全部」残るわけではない<No 757>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

)和仁達也先生の「お金のブロックパズル」を加筆引用

 

利益を上げて、お金を残す

独立したら、仕事を受けて利益を出さなければ食べてはいけません。

この「利益」を出すためにやるべきことは、

  1. 売上を増やして
  2. 経費を減らすこと

 

「利益」が、全部残るわけではない

売上高から「変動費」を差し引きすると「粗利益」が出ます。

そして、粗利益から固定費を差し引きとすると「利益」が出ます。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

この利益、そのままお金(現預金)として残るわけではありません。

理由は、経費(変動費や固定費)にならない支出(出ていくお金)があるからです。

 

税金

利益が出たら、必ず払わなければいけないのが「税金」です。

税金には、「経費になるもの」と「ならないもの」とがあります。

経費にならない税金は、残った利益から払わなければいけません。

 
 

 

会社であれば

  • 法人税
  • 法人住民税

これらは経費にはなりません。
(仮に、「租税公課」として経費に計上したら、申告書で否認調整する必要があります)

逆に、税込経理の消費税、法人事業税は、
「その他の固定費」に経費として計上することができます。

 

個人であれば

  • 所得税
  • 住民税

これらも経費とはならないので、利益のなかから払わなければいけません。

会社と同様に、税込経理の消費税、個人事業税は、経費になります。

ということで、利益は全部、お金として残るわけではありません。

 

 

「億り人」あとに残ったのは?

世間を賑わせた仮想通貨。

「億り人」となった方もおられましたね。

話題になったのは、その後の納税をどうしたのか?

利確(利益の確定処理)して、お金を散財して終わりではありません。

「税務署なんて来ていないよ」とおっしゃる方。

彼らは忘れた頃にやって来て、3年5年遡ります。

申告がお済みでなければ、早めに済ませておきましよう。

もちろん納税も。

 

 

 

 

<編集後記>
6時00分起床後ルーティン
午前中、ランニング9.62キロ+歩き4.5キロ
午後から、ブログ執筆、5/31 WordPressブログセミナーのスライド作成

中4日で最長距離の14キロに挑むも撃沈(._.)
ランレッスン受けに行こ^^;


 

<ランニング>
4月17日(水)6.32+1.34+1キロ?=8.6キロ
4月19日(金)6.01キロ 44:15 ペース7:22/キロ
4月20日(土)7.00キロ 47:46 ペース6:50/キロ
4月22日(月)7.00キロ 47:25 ペース6:47/キロ
4月23日(火)8.00キロ 52:04 ペース6:30/キロ
4月24日(水)休み(リカバリータイム 63時間)
4月25日(木)休み(リカバリータイム 63時間)
4月26日(金)9.00キロ 1:02:43 ペース6:58/キロ
4月28日(日)6.00キロ  39:51 ペース6:39/キロ
5月2日(木)  6.00キロ  40:28 ペース6:44/キロ
5月7日(火)  7.00キロ  49:14 ペース7:02/キロ
5月8日(水)  8.00キロ  55:40 ペース6:57/キロ
5月10日(金)6.00キロ  40:53 ペース6:48/キロ
5月12日(日)10:00キロ 1:09:48 ペース6:59/キロ
5月14日(火)12:00キロ 1:22:59 ペース6:55/キロ
5月16日(木)6.00キロ 40:24 ペース6:44/キロ 往路
       6.00キロ 39:57 ペース6:39/キロ 復路
5月19日(日)12.00キロ 1:29:48 ペース7:29/キロ
5月22日(水)5.10キロ 44:56 ペース8:49/キロ 往路
       4.05キロ 27:16 ペース6:44/キロ 復路
5月27日(月)9.62キロ 1:14:24 ペース7:44キロ
       4.5キロ 故障のため歩き

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク