スポンサーリンク




利益を上げて、お金を残すためにやるべきこと。黒字でも資金繰りが厳しい理由<No 760>

 <5月29日午前に発生しましたサーバトラブルについて>

データベース復旧により投稿記事の閲覧が可能になりました。

しかし、画像とその他一部の設定がまだ完了しておりません。

ご不便おかけしますが、今しばらくおまちください。

利益を上げて、お金を残す

独立したら、仕事を受けて利益を出さなければ食べてはいけません。

この「利益」を出すためにやるべきことは、

  1. 売上を増やして
  2. 経費を減らすこと
そして、売上を増やすためにやるべきことは大きく3つ。

  1. 顧客の数を増やす
  2. 単価を上げる
  3. 購入頻度を上げる

 

今日は、「お金を残す」ことについてお伝えします。

 

 

黒字でも資金繰りが厳しい理由

なんとなく資金繰りがキツイのに、
税理士さんから「税金かかる」って言われてびっくりすることはないですか?
 
税金かかるということは、「利益が出てる」というですよね。
 
でも、売上はそこそこあるけど、お金が手元に残っていない。
 
むしろ減ってる感じがする。
 
なぜでしょうか?
 
 
 

なぜ、お金が残らないのか?

理由は、残った利益からさらに出て行くお金があるからです。
 
そのうちの一つ「税金」については以前お伝えしました。
 
残った利益から出て行くお金は、他にもあります。
 
借金の返済です。
 
 
 

借金の返済は「経費」じゃない

返済するお金には、借りたお金の「元金」に利息を上乗せされています。
 
このうち経費になるのは、「利息」だけです。
 
借金の返済は「経費」にはなりません。
 
 
 

じゃ、元金の返済は何になる?

借金の返済は、「負債」の減少なので、経費にはなりません。
 
仮に、元金が経費だとしたら、借金したときに売上に計上しなければ辻褄が合わなくなります。
 
お金借りて「売上になる」なんてことないですよね。
 
 
 
 

黒字でも「キャッシュフロー」は赤字のこともある

よって、決算上の黒字が出ていても、そこから借金を返したら、
その年のキャッシュフロー(資金繰り)は赤字のこともあります。
 
決算が黒字でも現預金が減る理由はこういうところにあります。

 

計画の見直しをしてみよう

 
黒字決算でも現預金が減っている状態なら、
 
・利益をアップさせる策を考える。
・返済計画の見直しをはかる
 
など改善が必要です。
 
借り換えによる金利の削減や、リスケ(返済条件の変更)を検討してみましょう。

 

 

 

 

 

<編集後記>
4時30分起床後ルーティン
午前中、マネックつみたてNISAチェック、メーリングリスト登録、ブログ執筆(29日分)
    HPカスタマイズ、ブログサービスブレスト
午後から、ブログ画像復旧試みる、ブログ執筆


 

<月間ランニング>

5月2日 6.00キロ  40:28 ペース6:44
5月7日 7.00キロ  49:14 ペース7:02
5月8日 8.00キロ  55:40 ペース6:57
5月10日 6.00キロ 40:53 ペース6:48
5月12日 10:00キロ 1:09:48 ペース6:59
5月14日 12:00キロ 1:22:59 ペース6:55
5月16日 6.00キロ 40:24 ペース6:44 往路
5月16日 6.00キロ 39:57 ペース6:39 復路
5月19日 12:00キロ 1:29:49 ペース7:29
5月22日 5.10キロ 44:56 ペース8:49 往路
5月22日 4.05キロ 27:16 ペース6:44 復路
5月27日 9.62キロ 1:14:24 ペース7:44
5月29日 5.51キロ 39:09 ペース7:06
5月30日 8.00キロ 55:36 ペース6:57

月間走行距離 141.73キロ

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

西純一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク




Zoom限定「お試し15分無料」

・1度話してみたい
・雰囲気を知りたい
・サービス内容を詳しく知りたい

サービスご利用前の不安な方のために設けました。

※ Zoomのご利用方法はこちらから
※ 税務相談は含まれておりません