スポンサーリンク




利益を上げて、お金を残すためにやるべきこと。営業は「的を絞って、探す領域を限定する」<No 750>

 <5月29日午前に発生しましたサーバトラブルについて>

データベース復旧により投稿記事の閲覧が可能になりました。

しかし、画像とその他一部の設定がまだ完了しておりません。

ご不便おかけしますが、今しばらくおまちください。

利益を上げて、お金を残す

独立したら、仕事を受けて利益を出さなければ食べてはいけません。
 
会社であろうが、個人であろうが規模の大きさは関係ありません。
 
仕事を受けて、お金をもらって、そのお金を支払いに充てて、
残ったお金が給料なり自分の生活費となります。
 
雇われていると仕事は常にあるので、当たり前のように思えますが、
この当たり前を続けることは簡単ではありません。
 
実際、10年後に存続している企業は全体の6%なんてデータもあります。
(一次情報じゃないので真偽の程はわかりませんが)
 
この数字が多少オーバーにしても、実際に事業を始めてみると、
事業を続けることが簡単でないことは身にしみてわかります。
 
では、事業を続けていく上で、何が必要なのかと言えば
前述の通り「利益」を出して「お金」を残すことです。
 
そして、この「利益」を出すためにやるべきことは、
 
  1. 収入を増やして
  2. 支出を減らすこと
 
事業で使う言葉だと、収入が「売上」となり、支出が「経費」となります。
 
今日は、「売上」について書いてみます。
 
 

 

「売上」を増やすために出来ること

売上を増やすためにやるべきことは大きく3つ。

  1. 顧客の数を増やす
  2. 単価を上げる
  3. 購入頻度を上げる

このなかで、「顧客の数を増やす」ためにできること言えば、

  • 営業する
  • 広告を出す
  • HP
  • ブログ
  • 出版
  • 紹介
  • メルマガを書く
  • セミナー開催
  • チラシ

あたりが出てきます。

営業する

昔と違って「飛び込み営業」を目にする機会は減りました。

理由は単純に効率が悪いのと、ITの進化で便利な営業ツールが世に出てきたからです。

とは言っても、営業もやり方さえ工夫すれば、まだまだ売上に貢献してくれます。

闇雲に営業するのではなく、的を絞って狙い撃ちします。

ネット検索と同じで、探す領域を限定するのです。

例えば、ある方のブログの過去記事を探そうとして、
google検索したら100番目に表示されたとしてます。

100番目だと、そこまで辿り着かないかもしれないし、
辿り着いても、見逃してしまうかもしれません。

なので、google検索よりも直接その方のブログの中で検索をかけます。

その方が、より早く、より正確に記事へ辿り着くことができます。

これは一つの例ですが、営業も同じで「お客様ではない方」に執拗に
営業していることもあります。

営業は、的を絞って、探す領域を限定します。

 

 

 

 

<編集後記>
6時00分起床後ルーティン
午前中、ブログ執筆
午後から、自宅⇔ヘアサロン ランニング12キロ


<ランニング>
4月17日(水)6.32+1.34+1キロ?=8.6キロ
4月19日(金)6.01キロ 44:15 ペース7:22/キロ
4月20日(土)7.00キロ 47:46 ペース6:50/キロ
4月22日(月)7.00キロ 47:25 ペース6:47/キロ
4月23日(火)8.00キロ 52:04 ペース6:30/キロ
4月24日(水)休み(リカバリータイム 63時間)
4月25日(木)休み(リカバリータイム 63時間)
4月26日(金)9.00キロ 1:02:43 ペース6:58/キロ
4月28日(日)6.00キロ  39:51 ペース6:39/キロ
5月2日(木)  6.00キロ  40:28 ペース6:44/キロ
5月7日(火)  7.00キロ  49:14 ペース7:02/キロ
5月8日(水)  8.00キロ  55:40 ペース6:57/キロ
5月10日(金)6.00キロ  40:53 ペース6:48/キロ
5月12日(日)10:00キロ 1:09:48 ペース6:59/キロ
5月14日(火)12:00キロ 1:22:59 ペース6:55/キロ
5月16日(木)6.00キロ  40:24 ペース6:44/キロ 往路
       6.00キロ  39:57 ペース6:39/キロ 復路

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク