スポンサーリンク




リスクなくして成長なし。試験・独立リスクの許容範囲<No 1401>

)水たまりに注意しながら遊具で遊ぶ娘

瞬発力がないなら「時間」をかける

人生、何かを得ようとすれば、何かしらのリスクは付きものです。

リスクなしで何かを得ようとしても、大したことは得られません

普通に生きているだけで、それなりに幸せであればいいですが。

人間、現状維持に満足できないものです。

いっときに大きなリスクを追うことに抵抗があるなら、時間をかけて少しずつトライしていくのもいいでしょう。

ただ、後者だと、時間を失ってしまうというリスクが潜んでいます。

  • いっときに大きなリスクをとるか?
  • 時間をかけて少しずつトライしていくか?

どちらも強力ですが、瞬発力のない私は、後者を選んできました。

リスクなくして成長なし。試験・独立リスクの許容範囲

時間をかけて少しずつトライしたことの1つに税理士試験があります。

10年以上かかったので、30代は仕事と勉強しかしていません。

楽しそうにしている世間を横目にして、クリスマスも遅い時間まで自習室で勉強していました。

22時近くになると、電車内は酒の匂いでしたが、そのなかでも理論を廻していた記憶があります。

頭がいいわけでもなく、高尚な考えがあったわけでもなく、ただ、意地だけでやり遂げたようなものです。

私のような凡人が継続するには能力よりもメンタルが大事でしょう。

精神面を正常に保っておかないと、机に座っていても学んだことが頭に入りません。

長丁場のなかで、ずっと冷静に勉強できるわけではありませんし、人それぞれ、結婚・出産・育児・介護・転職・転勤・引っ越しなどで勉強どころじゃないこともあるでしょう。

そういう意味でいうと、瞬間的にさっと勉強して、さっと合格していく人は最強です。

私を含め、普通の人だと、最後までたどり着けるかどうかなんて、考えても答えは見つかりませんし、そんな時間があるなら勉強に費やした方が賢明です。

ただ、税理士試験で時間は失ったけれども、税理士になれたおかげで独立することができました。

おそらく、税理士になっても勤務のままだと、かけたリスクに対して将来的に元は取れたかもしれませんが、今現在(5年)では取れていなかったかなと。

勤務だと多少給料はあがっても働く時間は長いでしょうし、お金をつかう暇も遊ぶ暇もなかったでしょう。

故に、試験で失った時間は、独立してはじめて元が取れたと言えるかなと。

勤務の頃よりも働かず、それでいて、勤務の頃よりも美味しいごはんが食べられていますし。

何より、5年でいろんなことができたので、十分満足しています。

このブログもそうですし、独立してなかったらトライアスロンもYou Tubeもやれてなかったでしょう。

やれてもマラソンぐらいかなと。

ただ、独立に関して言えるのは、ずっと安定しているかどうかなんてわからないということ。

どこかで、食べていけないくなるかもしれません。

そういう意味でいうと、今こうしてブログを書いていること自体がリスクなのかもしれません。

そのリスクに対してどうやって守りを固めていくかということも考えておかなければなりません。

よく、独立に際して、どれくらいの資金があればいいかという話題になりますが。

お金はあるに越したことはないですが、いくらあってもダメなときはダメでしょうし、
まったくなくても、足と才能がある人なら難なくやれるのでしょう。

収入が増えても、1件あたりの割合が多いと解約時のリスクは計り知れません。

全体の20%を超えるところがあるうちは、ネットであれ、リアルであれ、常に営業は欠かせません。(トータルの数字にもよりますが)

超えるところがなくても、緩くでも動いていないと、いざというときに動けなくなります。

5年経ってもブログを止めないのは、こうしたところであり。

時間との兼ね合いにもよりますが、ブログを続けながらも新しいコトに挑戦しています。

貯蓄や投資以上に、自分への投資も怠らずに続けてこられたのが最大のリスクマネジメントと言えるでしょう。

いつでも戻れるメンタル

独立してから5年間、雇われることなく生きてきました。

今後、何かの拍子で食べていけなくなるかもしれません。

そんなときは、いつでもスクランブル発射できるようにしています。

そう思える、そうやって割り切れるメンタルがあれば、独立してもやっていけるでしょう。

仮に、このブログや税務記事が止まったらスクランブル状態だと察してください。

<編集後記>
1月13日木曜日
4時30分起床後ルーティン
法定調書、住民税、You Tubeサムネイル作成、アップ。
決算・申告。
ジムでトレーニング&ラン5キロ。

スポンサーリンク