スポンサーリンク




旅先ランのすすめ<No 232>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

)AM5時 名古屋城

 

 

準備はしておく

先日の名古屋遠征時にラングッツを
持参しました。

走る機会があるかどうかわかりませんが、
クルマだったので、とりあえず荷物を
詰めておきます。

ホテル到着前に、「名古屋城」の標識が
見えたので、そう遠くなければ走ろう
と思いました。

翌日、早朝に起きられるかどうかが
心配でしたが…

 

 

旅先での早朝ランは気持ちイイ

前日、お店を2件はしごしましたが、
いつもと同じく4時半に目覚める
ことが出来ました。

用意して外に出てもまだ5時です。

栄から名古屋城までおよそ2キロ
周辺を散策して往復したら5キロ
程度のいい距離です。

土地勘がないので、Googleマップで
確認しながら走ります。

手袋をしたままだと、スマホを操作
出来ないので、その都度手袋を外し
ます。

今後は、

  • 指先の空いた手袋の購入
  • 付けたままでも操作出来る手袋の購入
  • ウェアラブル端末の検討

などを考えながら走ります。

 

撮影スポットは当然、門の中

名古屋城内に近づいて、
より近くで写真をとろうと思っても
入園しなければ近くまで行けません。

早朝5時過ぎだと当然閉まっています(*_*;

 

開門は9時からです。

そう言えば、ホテル前でGoogleマップを
名古屋城にセットしたところ、
「まだ開いていません」的なことが
表示されていました。

恐るべしGoogle( ゚Д゚)

 

城の周囲は堀で囲まれているので、
東門か西門いずれかの門をくぐらな
ければ、城を間近で見ることはでき
ません。

「良く考えているなあ」と感心しつつ
撮影スポットを探します。

 

「体育館…」

 

「…」

 

「ん~微妙…」

「もっと近距離で」

 

「木が…」

 

そして、やっと会えました。

 

 

旅先ランで得るもの

自分でクルマを運転しなければ、
なかなか道は覚えません。

それと同じで自分の足で歩かなければ
土地勘もつきません。

用だけ足して帰るのではなく、
旅先ランを行うことで、
土地勘がつき愛着も湧きます。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
4時36分起床後ルーティン
午前中、自身の経理修正、HP修正、メール回答
    スマホアプリ導入

午後から、HP修正、ブログ執筆

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク