スポンサーリンク




往復16km。平日日中にランニングで移動する<No 1221>

)淀川河川敷(南側)by Google Pixel3a

見えるのは大阪梅田のビル群

無理なく運動不足解消

忙しくて運動する時間がない。

そんな方には、ラン通勤がオススメです。

独立して通勤がなければ、仕事先までの移動を。

私は、

  • ヘアサロンまでの6キロ(往復12キロ)
  • プールまでの4キロ(往復8キロ)

を走って出かけます。

同じヘアサロンへ妻は電車で、私はランニングで出かけたところ、10分後に出発した私の方が早く到着したことがありました。

電車が来るまでの待ち時間、乗り換えを含めると、走った方が早いことはよくあります。

先日は、自宅から大阪市内の繁華街梅田まで往復16キロを走ってきました。

ここまで走ると運動不足解消だけでなく、ハーフマラソンの練習にもなります。

<セミナー情報>

往復16km。平日日中にランニングで移動する

公共交通機関がある道のり

ランニングを始めたばかりだと、膝がまだ出来上がっていません。

無理をするとケガをします。

ランナー膝のような癖になると、痛みで走れなくなります。

走りたいのに、走れない状況は避けたいもの。

そうならないためも無理は禁物です。

痛くなったら無理せずに歩く。

それでもダメなら電車やバスに乗りましょう。

私も、しばらくぶりにランニングをすると膝が痛くなることがあります。

そんなときは、無理をせずに地下鉄に乗ります。

結果、1キロ2キロしか走らなかったこともあります。

せっかくやる気になったのに、走る習慣をなくしてしまうのは残念なので。

梅田まで16キロ往復

2021年中のマラソンレースは開催されるかどうかわかりません。

エントリーしているのはマラソンよりも小規模で行われるトライアスロンレースのみです。

ランニングパートは短いスプリントなら5キロ、ショートなら10キロ。

これに合わせているので、ここ1年は短距離ばかりの練習です。

コロナが開けてマラソンレースが開催されたときのことを考えて、機会があれば長距離を走るようにし、先日は梅田までの用事を走って済ませてきました。

大阪市内の自宅から梅田へ行くには淀川を渡らなければなりません。

河川敷を走って行けばわかりやすいのですが、風がキツいのを想定して行きは市街地を走り抜けました。

市街地を走るとゴールが見えないので、いつの間にかゴールに近づいているというメリットがあるのですが、アスファルト舗装を長距離走ると土の上に比べて脚への衝撃が強くなります。

そこで、行きの途中から土手を走ることに。

恐れていた風はそれほど強くなく、土手の土が足への衝撃を和らげてくれます。

電車だと本やブログを読んで外の景色を見ることはありませんが、ランニングだと360度の景色が目に飛び込んでいます。

淀川のような大きな河川敷だとなおさらで、開放感は抜群です。

大都市以外の地方だと、もっと景色はいいでしょうね。

梅田へ到着後、そのままの格好で用事を済ませます。

出向いた先でお茶を入れようとしてくれましたが、持参したポカリで済ませました。

飲料持参だと、訪問先のお茶入れの手間も省けます。

平日日中の繁華街でランニングスタイルの人は皆無でしたが、だからといってジロジロ見られることはありません。

それだけ、ランニングが市民権を得ているのでしょう。

ただ、用事を済ませたあと、ヨドバシカメラでカメラのレンズを見ていたのですが、店員さんは誰も話しかけてくれませんでした。

帰り道、「無理なら電車で」と思っていましたが、意外とパワーが残っていたので走って帰ることに。

ただ、トータル10キロを超えるとペースが5分台から6分台にガクンと落ちました。

ハーフやフルをそれなりのペースで走るには練習不足だということがわかりました。

ここで無理してしまうと痛めるので、下がったペースのままで土の上をゆっくり帰ってきました。

<サービスメニュー>

痛くなったら電車に乗ればいい

運動する時間がない方は、通勤や仕事の往復を走ってみてはいかがでしょうか。

「痛くなったら電車に乗ればいい」と思えば気が楽になります。

ランニングがだめなら自転車でも。

<セミナー情報>

<編集後記>
4月16日金曜日
6時00分起床後ルーティン
午前中、税理士業、梅田まで往復ランニング
午後からブログ更新

4月17日土曜日
7時30分起床後ルーティン
午前中、ブログ動画・音声販売を改良
午後からも同様に改良、月曜のミーティング準備、カメラ・レンズ研究、読書

4月18日日曜日
5時30分起床後ルーティン
8時から大阪湾岸の夢洲でバイク練。
走行距離が2,200キロを超えたので、タイヤとチェーンを交換。
新タイヤは、アスファルトをグッと掴んでくれるような感触。
新チェーンは、遊びがなく、チカラの無駄がありません。
8人中、前半2位、後半1位。

とびきり速い人が参加されなかったこともあり。

スポンサーリンク