スポンサーリンク




すべての人に満足してはもらえない。できないサービスを問われた時<No 541>

できないサービスを問われた時

できないサービスや苦手なサービスを問われた時にどうするか?

調べてわかることなら必死に調べます。

  • 過去の資料
  • 書籍を購入して
  • ネットでググる
  • 公的機関に相談する
  • 同業者コミュニティーで相談する

独立以来、これらの方法で何とか乗り切ってきました。

私の場合、仕事に電話を使っていないので、
このように即答せず調べてお答えすることが可能です。

普段の業務ではこのように時間的猶予がありますが、
即回答が要求される場面もあります。

確定申告時期に経験した申告会場での相談業務

 

また、セミナーをすれば当然、質疑応答の時間もあります。

 

100%の回答ができないときに、どれだけ傷口を広げずに
どれだけ相手に納得してもらえるかは難しいことではありますが、
話す仕事をする以上避けては通れない問題です。

 

 

持てるチカラのすべてを出しても「確かでない」ことは言えない

最近問われた質問の中で答えに窮するものがありました。

「顧客ゼロから始めるなら貯金はいくら必要か?」

世間一般やビジネス書では「生活費の半年分から一年分」と言われています。

これを答えるのは簡単ですが、これは私の経験ではありません。

なので「一年分あったら大丈夫ですよ」なんてことは言えません。

その方に、一年内に仕事が入れば良いですが、
一年経っても仕事が入らない可能性もゼロではありません。

私の言葉を鵜呑みにして路頭に迷わすわけにはいきません。

半年や一年と期間を答えることができないのなら、
別の角度から答えます。

より独立のリスクを抑えるために、

  • 自宅で開業する
  • 固定費を抑える
  • 大きな買い物をしない
  • 人を雇わない
  • 複業から始める
  • 強みを作る・特化する

小さく初めてやっていき、
そこで軌道に乗らなければその都度修正する。

そもそもゼロスタートでない私に言えることは限られています。

その上で、既にゼロスタートで活躍されている方を紹介する。

私としては不完全燃焼でしたが、後日質問された方からお礼のメールを
いただけたことが幸いでした。

 

 

スポンサーリンク

汗をかいて成功しないこともある。でも汗はかく

できないサービスを問われたとき、どこまで汗をかけるか。

汗をかいた結果、失敗してもそれを糧にして生きていく。

独立に向いているのはこういう方でしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
2時00分起床後ルーティン
午前中、算定基礎やその他の社会保険に関する資料を提出、お客様MF導入の打ち合わせ
  ブログ執筆
午後から、お客様事務所へ訪問