スポンサーリンク




体へのサインは見逃さない。健康であっての人生<No 1277>

)処方された医薬品

一難去ってまた一難

人間、無理をすると体にサインが現れます。

先日は、ロードバイクの練習後、晩に足が腫れて寝られませんでした。

原因は、新しく導入したインソールが親指を圧迫していたから。

外反母趾?ロードバイクで親指が痛くなったら<No 1271>

整形外科で湿布と痛み止めを処方してもらったら2、3日で治りました。

一難去って安心していたら、レース1週間前の昨日、足の付根(お尻に近いところ)に違和感を感じ、また一難。

病院をはしごしました。

体へのサインは見逃さない

ロードバイクに乗るようになってから、サドルに接している部分が痛くなることがあり炎症していると診断されました。

この炎症は、バイクに乗る以前からあった症状で、慢性化しているとのことでした。

そして昨日の違和感。

てっきり同じ炎症だと思っていたところ、皮膚科へ行くと帯状疱疹からくる痛みと診断されました。

実際、ポツポツあった発疹が、病院へ行くころには帯状になっていました。

記録を追うのか、趣味で止めるのか?

皮膚科で診てもらったところ、帯状疱疹は疲労やストレスが原因でくるようで。

仕事が忙しいわけではないので、ずばりトライアスロンの練習でしょう。

自分では、ストレスに感じているつもりはありませんでした。

ただ、レースで「より速く」「よりいい順位」を求めるが故に練習過多になっていたのかもしれません。

緊急事態宣言で練習できない時間を取り戻そうと、毎日何かしらの練習をしようとはしていました。

3つの種目をこなしながらも、新幹線の手配や輪行バッグの練習など、慣れないことでストレスになっていたのかもしれません。

自分のなかでは楽しんでいたつもりですが、どこかで無理をしていたのでしょう。

帯状疱疹自体は2・3日で引くようですが、「運動は1週間ほど控えたほうがいい」と言われたので、レース直前1週間、練習できないことが確定しました。

まあ、レース前は徐々に練習量を落としていくつもりでしたが。

それでも、最後の仕上げを予定したので、それができなくなったので残念です。

原因がわからなくてモヤモヤしているよりは、原因がわかったので良かったと思うようにしています。

帯状疱疹はひどくなると大きくなるようなので、とりあえず今の状態が和らぐまでは大人しくしています。

レース前日の症状とメンタルが共に改善されれば出場するつもりですが、どちらか一つが改善しなければ欠場も致し方ないかなと。

健康がなにより

このところ、なにかと病院ずくめでした。

そのうちの一つの調剤薬局で、薬剤師さんとトライアスロンのことを話したところ、笑顔で「中毒ですね」と言われました。

私のことと言うより、競技者全般に。

それだけストイックなことをするのは、中毒性があるからだろうと。

おっしゃる通りなのですが。

自分はその手前の「やってて楽しい」ところでとどまっているつもりでしたが。

今回の症状でその粋に達していたのかもしれません。
(記録はともかく、意気込みは)

健康がなによりなので、お医者さんの言うことは聞くようにします。

<編集後記>
7月12日
5時20分起床後ルーティン
税務ミーティングの準備、プールでSWIM 1500m。
病院をはしご。

夕食後、ブログを書き終えてから録画したサッカー観戦。

スポンサーリンク