スポンサーリンク




ストレッチ&体操で腰痛知らず。治療の前に予防する<No 788>

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

)ダークモカチップ フラペチーノ in STARBUCKS 京都四条河原町店

 

 

きっかけは1冊の本

腰痛持ちになりだしたのは、20歳のころ。

現場作業員のバイトでアスファルト舗装に敷き詰める
重い縁石を何個も移動させたことがきっかけでした。

以降、20年以上整体のお世話になっていました。

施術してもらうと痛気持ち良く、痛みは緩和されるのですが、
しばらくすると同じ様な痛みが生じます。

そんな私がここ半年あたりで整体に行ったのは1回だけ、
痛みに耐えられずにというよりは、メンテンスが目的でした。

現在、肩や腰に痛みを感じることは皆無です。

きっかけは1冊の本でした。

 

 

ストレッチ&体操で腰痛知らず。治療の前に予防する

独立以来、多読を続けています。

選ぶジャンルは様々で、
生きる手助けになってくれるものであれば何でも構いません。

腰痛知らずになったはこの本がきっかけでした。

 

世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ

 

ここに書いてあることで、今も取り入れているのは、

  • 壁立エクササイズ(10回)
  • 片足立ち筋肉リリース(両足10回ずつ)

壁立エクササイズは、壁にもたれかかり、
両腕を広げ壁に付けたまま肘を90度にした状態から
まっすぐ上に伸ばします。

この運動で胸が張り、背筋が伸び、首から背骨にかけて
矯正されていくのがわかります。

これに、後述する首の運動をプラスしたところ、
肩こりがなくなりました。

ストレッチは本からだけでなく、自分で必要かなと思ったものを
適宜取り入れています。

  • 首を前後する(10回)
  • 首を片手で左右に寝かせる(左右10秒ずつ)
  • 腰の回転(左右10回ずつ)
  • 前屈・後ろにそらす(前後4回×4セット)

 

ストレッチが終わったら、軽い筋トレも合わせて行います。

  • スクワット20回
  • 腕立て伏せ10回
  • 腹筋10回×2
  • 背筋15回×2
  • テレマークストレッチ 両足3回ずつ

テレマークストレッチは葛西さんの本から取り入れました。

 

40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方

 

 

これらのストレッチ&筋トレは、早朝ルーティンのなかで、
365日どこであろうと行います。

 

 

負荷をかけるより、心地よく継続する

本格的に鍛えている人からすると、筋トレは物足りなく感じるでしょう。

でも、私が続けているのはムキムキに鍛えるのではなく、
健康維持が目的です。

人間苦しいことは嫌いなので、負荷をかけ過ぎると続きません。

健康維持が目的なら、心地いいと思えるくらいがいいでしょう。

 

 

<編集後記>
1時30分起床後ルーティン
2時16分から5時45分まで仮眠
午前中、Crowd Worksにて決済・データやり取り、セミナーお申し込み対応、
デザイナーさんとデータやり取り、源泉納期特例、請求書発送、ブログサイトリニューアル打合わせ

午後から、メルカリ発送、ブログ執筆

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク