2017年 読んで良かった書籍「10冊」壱<No 421>

Pocket

)読んで良かった書籍10

 

 

 

「読書」>「酒」

私が多読を始めたのは2016年の4月です。

以来、読んだ書籍の数は、

  • 2016年 145冊
  • 2017年 145冊

まさかの2年続けて同じ冊数です。

今、気付きました(^^;)

多読はいつの間にか生活の一部になっています。

「趣味」でもあり「仕事」でもあり。

今、酒と多読のどちらかを断つとすれば、
迷い無く「酒」を断ちます(^^;)

そのくらい多読は私にいい影響を与えてくれています。

仕事や家族だけでなく、これらを含めた「生き方」すべて
が変わりました。

そこで今日は、2017年に影響を受けた書籍を紹介します。

 

 

1440分の使い方 / ケビン・クルーズ

 

ここ最近で最も影響を受けた書籍と言えばこれです。

タイトルである「1440分」は1日24時間を「分」で換算した長さです。

1440分は人類皆に与えられた時間であり、
それをどう使うかは人それぞれで自由なことです。

著者が「秒」ではなく「分」で表した理由は、
「時間は、最も貴重かつ最も希少な資源」であることを
伝えたかったからです。

これが、ただ「24時間」であれば、在り来たりなタイトルだし、
逆に「86,400秒」だといまいちピンときません。

この本で得たものはずばり「時間泥棒の撃退法」です。

1日の限られた時間を何に費やすべきなのか?
そして、それを妨げるものは徹底的に排除する。

その方法が書かれています。

それ以外にも、

  • 失った時間は戻ってこない。買うことも、レンタルすることも、できない
  • 「自分にとって大事な1つのことを見つけ、やり通せ」
  • 最も重要なタスク(MIT)を特定し、毎日、何よりも先に取り組む
  • MITに半分以上の時間を割く
  • MITは一日のできるだけ早い時間に入れる
  • 1日の最初の時間帯は、自分の事業を構築するのに役立つ、最優先のタスクにつぎ込む
  • 一切、中断しない。メールも携帯も見ない
  • 世間が目覚める前にやってしまう
  • まずクリエイティブな仕事に取りかかれ、リアクションする仕事はその次だ
  • 前の晩のうちに、やるべきことリストを作っておく
  • デスクの前に座ったら、メールをチェックする前に片付ける
  • スケジュールに入れなければ何も片付かない
  • 会って話すのは一週間に一時間
  • ToDoリストでなく、スケジュール表を見て動く
  • とりあえず完璧でなくても製品を市場に出す
  • アイデアを思いついたら書き留める
  • 自分に必要ない会議はキャンセルする
  • メールは常に短く。すべてのメールを5行以下に
  • 受信箱を常にきれいにしておく
  • スキルを磨くための時間を増やす
  • 「小切手を切ってもらえないなら、会議に出席するな」
  • 「成功した人と大成功した人の違いは何か。大成功した人は、ほぼすべてのことに「ノー」と言う」ウォーレン・バフェット
  • ノーと言うのに罪悪感を覚えなくていい
  • 依頼を断ってどう思われたかなど気にすべきじゃない
  • 「ノー」というだけで十分。相手が誰であろうと
  • つきあう相手は慎重に選ぶ
  • 当面の目標達成に役立たない誘いは、すべて断る
  • 重要なことにチカラをいれ、ほかは「そこそこ」で妥協するか、一切しない
  • 時間をかけることでお金を稼ぐことをやめる
  • 時間を買う
  • ほかにもっとうまくやれる人がいることはやらない
  • 事務作業を自分でできるとしても、それが自分でなければならない理由はない

なかでも、もっとも影響があったのは、
「ノー」と言えるようになったことです。

仕事にかかわらず、一度受けた依頼は最後まで
やり通すことを信条にしてきましたが、
ドライに「ノー」と言えるようになりました。

また、MITを早朝に取り入れたことで、重たいタスクが
どんどん減っていきます。

オススメの一冊です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

<編集後記>
4時30分起床後ルーティン
午前中、年末調整、書籍執筆
午後から、ブログ執筆


 

本当は、今日1日で10冊紹介しようとしたのですが、
最初の1冊で1500字オーバーになったので、
明日以降、不定期で続きを書きます。

1 個のコメント