スポンサーリンク




答えはいつも「現場」に落ちている<No 451>

)早朝、梅田スカイビルへ向かう人

 

 

杞憂に終わる

昨日、一昨日と二日に渡って無料相談を
記事にしました。

難無くこなしたように書きましたが、
正直なところ、行く前は不安でした。

  • 質問に答えられなかったどうしよう
  • 輩(関西圏で面倒な人)に巻き込まれたらどうしよう
  • 先輩税理士に怒鳴られたらどうしよう

など。

結果は、どれもこれも杞憂に終わりました💨

 

 

答えはいつも「現場」に落ちている

無料相談にて

今回、私が担当したブースでは、

  • 譲渡所得
  • 配当所得
  • 贈与税の申告

は対象外でした。

判断に迷うこれらを入り口で防いでくれたので、
負担はかなり軽減されています。

また、現場で手渡された指導用の手引き書も見やすく、
これがあるだけで、気持ち的に楽になりました。

ただ、税務以外の作業の面で、どこまでこちらが
関与するのかという線引きが難しかったように思います。

それでも、判断に迷えば「赤ベスト(統括官)」に聞けば
教えてくれます。

 

営業にて

営業時代に先輩営業マンから言われました。

クレーム処理に向かう私がする質問に対して、
「あれこれ言わんと、とりあえず現場行ってこい」と。

当時は、突き放された子猫のような気持ちでしたが、
現場で怒鳴られ、汗をかけば、対処法は身体に染みつきます。

 

 

巡回監査にて

税理士業界に入ると「じゅんかいかんさ」なるものがあります。

巡回監査は、現場に行って、帳簿を見ながらお客様と話します。

担当を持てば、税理士であろうがなかろが関係ありません。

私の場合、営業経験があったので、それほど苦労しませんでしたが、
初めての職場がこの業界であれば、何を話していいのか困ることも
あるでしょう。

そんなときは、疑問に思ったことを質問します。

税務に関することでもいいですが、
極力、お客様の得意分野をネタにします。

話すのはお客様で、自分は聞き役に回ります。

ここで、注意すべきは相槌だけで終わらないこと。

相槌だけでは、お客様の承認欲求は満たされません。

  1. 相槌
  2. 共感
  3. 質問

までが揃って話し手は満たされます。

今、自分が逆の立場になってわかります。

色んな営業さんが来ますが、
皆商売ありきで、こちらの話に興味はありません。

そんなときはわかります。

「あっ、聞いてないな」と。

相槌、共感までは心が入ってなくても言えますが、
本当に相手の話を聞いていなければ「質問」は
できません。

 

 

「行動」「行動」「行動」

20代や30代でキレイに生きようなんて思っていたら、
人間成長しません。

失敗の数だけ、自分の経験になるのだから。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
5時35分起床後、MIT
6時22分からルーティン
午前中、決算資料整理
午後から、ブログ執筆