スポンサーリンク




次の世代のお父さんに送る「発表会でのビデオ撮影」<No 647>

 

)発表会のプラグラム

 

 

次の世代のお父さんに

今日、娘の保育所で最後の発表会がありました。

保育所には0歳児から5才児までの6クラスがあります。

このうち、発表会に参加するのは上から3クラスです。

これまで私は娘の出番を見たら退散していたのですが、
今回はプログラムの進行上、最初から最後まで2時間たっぷり鑑賞することに。

帰宅して疲労感があるうちに、次の世代のお父さんに伝えておきたいことがあります。

 

 

「発表会でのビデオ撮影」

娘の保育所は府営団地の1階にあり昭和レトロな雰囲気です。

催し専用の大部屋はないので、発表会するときは2つの部屋の敷居を外して開場に仕立てます。

うち1部屋を園児たちが広く舞台に使うので、
もう1部屋のスペースに3クラスの父兄がすし詰め状態で座っていきます。

図にするとこんな感じです。

今回、妻は撮影のすべてを私に託して一番前で見ることに。

託された私は慣れないビデオを片手に最後列に並びました。

ここで失敗を犯したことに気が付きます。

 

失敗「その壱」

いつもなら持参するスリッパを今日は忘れてしまいました。

冬場のフローリングは冷えます。

半端なく冷たくて、「取りに帰ろうか」と思ったくらいですが、
立ち見席のその場を離れると、すぐにその場は人で埋まってしまいます。

しかたなく我慢することに。

冬場の保育所・幼稚園にはスリッパを持参しましょう。

 

失敗「その弐」

娘が誕生を機にSONYのHandycamを購入しましたが、これまでろくに使っていませんでした。

使い方は簡単なので問題なかったのですが、2時間に渡る催しを腕一本で支え続けるには限度があります。

途中、別のクラスの催しは映さないにしても、娘の劇が始まると20分ほどは連続して撮影します。

ふと、周囲を見渡すと慣れた方々は「三脚」を使っていました💦

発表会などのお遊戯撮影には「ビデオと三脚」はセットで用意しましょう。

 

失敗「その参」

発表会の3分の2はわが子の出番がないにしろ、
その間、立ち見席はずっと立ちっぱなしです。

加えて、すし詰め状態なので、ストレッチも出来ません。

これまた前方を見ると、通常の椅子席で普通に三脚立ています。

三脚の高さを座った自分の頭の高さにすれば、後方の邪魔にはなりません。

「あっ、そこ三脚オッケーだったの💦」とわかっても後の祭りです。

園児のお兄ちゃん、お姉ちゃんのいる父兄に前年以前の状況を教えてもらいましょう。

 

 

スポンサーリンク

おさらい

これからわが子の発表会を経験するお父さんに。

ビデオ撮影するなら、

  1. スリッパ持参
  2. 三脚はマスト
  3. 座れる位置を確保する

など、可能なら経験済みの父兄に聞いておきましょう。

 

 

<編集後記>
2時00分起床後ルーティン
午前中、娘の発表会
午後から、ブログ執筆