スポンサーリンク




ひとりになれる時間をつくる<No 304>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

 

お金よりも時間

独立してから自分の時間を
大切にしています。

雇われているときも
自分の時間はありましたが、
その多くは試験勉強に費やしていました。

というより、そうせざるを得なかったの
ですが。

税理士試験は長丁場なので、
「試験が終わると燃え尽きてしまう」とは
聞いていました。

しかし、勉強に充てていた時間が
そのまま「残業」に変わったのなら
寂しい話しです(-_-;)

事務所のボスは喜ぶでしょうが。

私の場合、資格をとってからも
勤務であり続けることはありませんでした。

収入の安定よりも、
時間を、より大切に思うように
なったからでした。

 

 

ひとりという贅沢

ひとりで不安?

ひとりで寂しい?

これまで雇われという身分であっても
ひとりでやってきたようなものなんで、
そういった感情はありません。

むしろ、とことんひとりになりきります。

 

早く起きる

家族よりも早く起きることで、
自分の時間をつくります。

私が起きるのは4時半。

家族が起きるのは6時半から7時のあいだ。

その間は自分の時間です。

朝の決まった業務(ルーティン)に
かかる時間は平均1時間ほど。

余った時間は、新聞と読書に充てます。

この時点で、その日の半分の業務は
終えます。

電話も鳴らず、誰からも声をかけられない
ので非常に効率的です。

 

ポモドーロ・テクニックでメリハリをつける

効率的な時間管理にポモドーロ・テクニック
というものがあります。

ポモドーロは、
「25分の作業+5分の休憩」を繰り返すことで、
作業にメリハリをつけます。

私の場合、娘が保育所(保育園や幼稚園というと
彼女はキレます)に行く9時頃からポモドーロで
作業を開始します。

作業中の25分は集中するので、
休憩になれば、
「何かある?」
と妻に声をかけるようにしています。

恐らく集中している私に遠慮している
と思うので(^^;)

 

 

午後からは完全にひとりモード

午前中で仕事は終わらせます。

午後からの外出がなければ、
夕方まではブログを書きます。

ブログを書き終えるまでの時間は、
平均2時間ほど。

今日はこの時点で1時間と21分。

娘が帰ってくる4時までには書き終えます。

その間、妻が声をかけるのは、
15時のCafeタイム程度。

気を配ってくれています。

そして、帰宅した娘と全力で
遊べるようにしておきます。

 

家族との兼ね合い

仕事場のドアは常に開けています。

ドアを閉めてしまえば、
完全にひとりです。

しかし、それをしてしまうと、
「難しいオヤジ」に
なってしまいます。

税理士という職業に対しても、
いいイメージをもってもらえない
かもしれません。

ひとりの時間をつくりながらも、
家族との距離も大切にします。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
4時40分起床後、ルーティン。
4歳の女の子ともなると、
親の会話はすべて理解しています。

下手なことは話せません(^^;)

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク