スポンサーリンク




「今すぐ対応する人」より「なんでも対応しない人」。大事なことは目の前のタスクに集中<No 871>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

)毎週土曜日の大経大教室でお勉強

 

 

「レンタル何もしない人」

先日、「レンタル何もしない人」のサービスが有料化となりました。

「レンタル何もしない人」は、文字通り何もしない人です。

一度、テレビで見たことがあるのですが、何もしない人は30代の男性で、
依頼があればどこでも行き、いただくお金は交通費のみというものです。

依頼は、「話を聞いてほしい」とか「荷造りをする間そばにいて欲しい」とか、
「散歩に付き合って欲しい」とか、一風変わった依頼がほとんどです。

無償であるから依頼されるというよりも、ニッチなサービスだからこそ
依頼があるのかなと。

本来、こういった誰にでもできるようなことは、家族や身近な人に依頼すべきなのでしょうが、
核家族化、単身化で気軽にお願いできる人がいない世の中になったからなのでしょう。

サービス開始当初は無償だったこのサービス、依頼の数が多くなりすぎたことや諸事情で、
有料化になりました。

有料化で若干依頼の数は減ったものの、減ったのは冷やかしや軽いお願いがほとんどで
本当に必要としている方はむしろ有料でも増えたようです。

本来、「何もしない人」よりも「何でもする人」の方が受け入れられるのでしょうが、
あえてニッチなことを好む方はどんな局面でも一定層おられます。

これと同じ原理で、「今すぐ対応する人」と「なんでも対応しない人」の場合、
多くの方が「今すぐ対応する人」を好むのでしょうが、
「なんでも対応しない人」が選ばれる可能性は無きにしもあらずです。

 

 

「今すぐ対応する人」でなく、「なんでも対応しない人」をめざす

人によっては、今すぐ対応できるような速さを求めるのではなく、
より自分に合ったサービスを丁寧に提供してくれることを好む方もおられるでしょう。

サービスの提供側としては、どれだけクライアントのことを親身に考えて、
情報を提供し、困難に対して共に考えることができるのか。

私の場合、速さを手放して、より深いサービスを届けることを心がけています。

 

電話に出ない

独立以来、クライアントから電話がかかってくることはなくなりました。

クライアントとのやり取りは、電話ではなく

  • ショートメール
  • メール
  • chatwork

でやり取りしています。

一番多いのは、「会ったときに話す」です。

やはり、互いに顔を見ながら話すと思いは伝わりやすくなります。

かかってくる電話はほぼ営業なので、ググってそれとわかれば登録と拒否しておきます。

 

 

今すぐに会いに行かない

勤務時代、クライアントから「資料ができました」という電話が来たら、
すぐにクライアント先にまで資料を頂きに上がっていました。

昔ながらの御用聞きみたいなもので、お相手からすれば便利なサービスだとは思いますが。

今は、出来た資料は送っていただくか、訪問時にいただくようにしています。

資料だけを取りに行くということはなくなりました。

 

 

アポなし訪問は会わない

独立すると、いろんな人が事務所にやって来ます。

アポありであれば良いのですが、アポなしで会いに来る方の多くは営業で、
相手にとってメリットがあることがほとんどです。

なので、アポなしであれば基本取り合うことはありません。

1年経つと数は減り、3年経つとほぼなくなります。

今だと、郵便受けに入らない郵便物と宅配くらいです。

再配達がほぼゼロになりました。

 

スマートフォンからアプリを削除

移動中やタスク処理中に鳴ったスマートフォンにその都度反応すると、
進行中のタスクが疎かになってしまいます。

通知に反応した後で、脳が進行中だったタスクに戻るには10分かかるそうです。

この動作が無駄に思えるようになったので、スマートフォンから主要なアプリを消しました。

大きな部分を占めていたのは、TwitterとFacebookです。

これらは着信した1つの通知で終わることは皆無で、
一度アプリを開けてしまうとその後はエンドレスとなってしまいがちです。

アプリを削除したことでタスクに集中し、移動中は静かに読書しています。

 

 

メールに即レスしない

起床後すぐにメールは開けません。

開けてしまうと、メール対応に終始し本来やるべき大事なタスクが後回しになってしまうからです。

そのため、朝のルーティンワークが終わって起床後2、3時間経過してから見るようにしています。

その後も、メールを見るのは一日3回と決めています。

独立以来、メールの返信が遅いとクレームをもらったことはありません。

 

 

目の前のタスクに集中

「今すぐ対応」をしていると、その相手からは喜ばれますが、
やるべきことがスケジュール通りに終わりません。

後からのタスクよりも、目の前のタスクに集中します。

 

<編集後記>
3時55分起床後ルーティン
午前中、決算の打ち合わせ
午後から、ブログ執筆

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク