スポンサーリンク




効率的である前に効果的であるか?基本をしっかり学ぼう<No 78>

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

効率化で得るもの

「時短」や「効率化」など、少ない労力で仕事をこなすことには私も賛成です。

時短や効率化により

  • 仕事の優先順位を確定させる
  • そもそも「しない」という選択肢を作る
  • 仕事に余裕が持てる

このようなことが可能になり、新たな仕事に対しても、

常にフレッシュな気持ちで対応することが出来るようになります。

 

 

効率化による弊害

新たなスキルを獲得することにより、古いやり方から進化する

ことは、効率化の一つです。

しかし、仕事の第一段階から効率化を目指してしまうと、

仕事の「基本」を学ばずして、「応用」から取り組むことになります。

基本を学ばなければ、効率化された新しいスキルの意義すら認識できません。

 

例えば、会計ソフトであれば、

日付と行動を順に入力するだけで、

仕訳けのかたちが出来上がってしまうものもあります。

また、クラウド会計であれば、ネットバンクをそのまま会計ソフト

に取り込むことができます。

これらは、お客様と税理士の双方にとっての「効率化」であっても、

お客様が「簿記のいろは」を学ぶ機会を喪失させています。

借方は?貸方は?振替伝票は?

経理の基本を教えてあげることも大事な仕事です。

 

 

効率化の前に効果的であるのか?

仕事において、まず求められることは、成果物である「効果」を獲得することです。

楽をしたいがために、最初から「効率化」を考えてしまっては、

「仕事のいろは」を学ぶ機会は減ってしまいます。

仕事の「効果」は最終的には「売上」ですが、

そこに至るまでのプロセスそのもを学ぶことも、

「効果」の一つです。

効率的である前に効果的であるのか?

基本を学ぶことも大事です。

 

 

[ad#ads1]

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク