スポンサーリンク




ブログは「読者のため?」 or 「自分のため?」半々くらいがちょうどいい<No 430>

)税務署近くのレトロな銭湯

 

 

「検索エンジン」にいれるだけ

2016年4月22日から始めたこのブログ。

今日で、430回目になりました。

ネタに困ることは少なくなりましたが、
それでも今日のように考え出してから
20分ほどネタが固まらないこともあります。

Evernoteには常時50以上のネタを保存して
いますが、このネタ帳から選ぶことは少ないです。

どうしているのかというと、
朝起きてからネタになりそうなものを
頭に浮かべながら半日を過ごします。

そうしていると、ブログを書き始める昼過ぎには
ほぼネタは固まっています。

頭の中の「検索エンジン」についてはこの本で
わかりやすく解説されています。

 

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング
アラン・ピーズ, バーバラ・ピーズ
サンマーク出版 ( 2017-08-10 )
ISBN: 9784763135520

 

 

そのため、今日のように早朝から書き始めるのは
苦手であり、ネタ帳に頼った次第です。

 

 

「読者のため?」 or 「自分のため?」

ブログ本来の意味からすると、
「日記」なので何を書いても構いません。

ただ、本当の意味で日記になってしまうと、
読まれる層が限られてしまいます。

そこで、読まれるブログにするには、
何かしらの価値を読者に届けます。

 

読者のため

読者が知りたいことの多くは、
「失敗の回避」でしょう。

  • 新しいチャレンジに失敗したくない
  • 既に経験した失敗の回避法を知りたい

そうして、直面した(する)失敗をなんとか回避
できないものかと検索します。

これに応えるブログ記事が「how to」であり、
このブログであれば、

ただ、得意の分野に関しては、
人より知っているから書ける場合と、
逆に、書けない場合があります。

書けないときの、対処法として、わかりやすく書いてある記事がありました。

 珍しくないから、それを話さなかったり、書いたりしていなかったりしたら、もったいないことで、(中略)自分が持っているもの、やっていることを「普通」と片づけてしまうと、確実に損をします。(中略)お客様に対しても、ネット上でも、「普通」と思えるようなことこそ、求められています。

)2017年1月24日 メールマガジン【税理士進化論 1773】から抜粋

 

 

自分のため

そうは言ってもなかなか毎日、価値ある記事を
書けるものでもありません。

そんなときは、自分の「備忘録」として書きます。

  • 失敗したこと
  • 成功したこと
  • 読んだ本のこと
  • どこへ行って
  • 何を食べたか

実際、過去の行動を思い出すときに、
このブログで確認することは度々あります。

ただ、備忘録でも事実の羅列ではなく、
読んでもらう方にとって何かしらの価値
を提供できるように工夫はしています。

  • どうしてその行動をとったのか?
  • その行動をとって、自分がどう変わったのか?

思考のプロセスを解説すれば、
ただ「どこへ行って」「何を食べた」よりも
少しはマシになるでしょう。

 

 

まとめ

私がブログを書く順序は、

  1. まず価値提供できるものを
  2. 無理なら備忘録でもなんでも書く
  3. 備忘録に価値提供のスパイスを少々

という風に心掛けています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
4時30分起床後、MIT
5時11分からルーティン
午前中、法定調書作成e-Tax送信、ブログ前半執筆、税務署へ租税教室打ち合わせ、
紀伊國屋書店 梅田店
午後から、妻をクルマで喜連瓜破の整体へ、帰宅後娘を迎えに保育所へ、ブログ後半執筆


 

今日は昼食後15分の昼寝ができなかったので眠いです(^^;)