フリーランスが借り入れするなら、日本政策金融公庫から初めてみる。<No 487>

Pocket

)ランニングコース(神崎川)

 

 

何でもやってみる

「日本政策金融公庫」

税理士業界に長年勤めている方にとっては、
こっきん(国民生活金融公庫)の方が馴染みがあるでしょう。

私も「こっきん」の方が言いやすいです。

ただ、業界以外の方と話すときには「金融公庫」
と言うようにしています。

これまで、お客様の融資状況を見ることはあっても、
自身が融資を受けることはありませんでした。

変わって、自身がフリーランスとなった今は、
資金繰りに悩まされることもあります。

なので、今後の資金繰りの改善と研究も兼ねて
借り入れを行うことにしました。

 

 

フリーランスが借り入れするなら、日本政策金融公庫から初めてみる

まずは、事業の所在地を管轄する支店を調べます。

支店がわかれば連絡を取り、
必要なものを揃えて送ります。

  • 過去2年分の申告書・決算書
  • 現在進行期の試算表

創業前、創業後など事業年数によって資料は異なります。

資料を送れば後日、面談の連絡があります。

 

持参する資料は結構な数

面談日が決まれば、持参する資料が書かれたお知らせが
郵送で届きます。

  1. 現在進行期の月別売上高
  2. 通帳
  3. 住民税の領収書
  4. 公共料金の領収書
  5. 不動産の賃貸借契約書及び家賃の領収書
  6. 運転免許証
  7. 資格を証明するもの

最近は、ネットバンクなど、通帳自体がない口座もあります。

そんなときは、入出金明細を印刷して持参しましょう。

ページ枚数が多くなりそうなら、A4に2ページ印刷します。
(データ上のやり取りは、まだ対応していません)

住民税、公共料金、家賃もクレジットカード払いや
自動引き通しの場合、領収書が発行されないこともあります。

そんなときは、

  • 入出金明細
  • クレジットカードの支払い明細

の該当箇所に付箋を付けておいて、
口頭で説明します。

身分証明には運転免許証があれば大概のことは
クリアできますが、借り入れの場合は、
身分証明書以外に資格を証明するものが必要になります。
(その事業を行うために必要な資格)

私の場合、運転免許証以外に税理士証票の提示を求められました。

 

 

ヒアリング

担当の方は、必要資料を確認しつつ
事業にまつわる状況をヒアリングします。

  • 出身地
  • 学歴
  • 経歴
  • 得意先の件数
  • 仕事の取り方
  • 今後の仕事の進め方など

フリーランスであれば誰でも即答できることです。

ただ、本人でなければわからないこともあるので、
必ず本人が伺うようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

No challenge No Life

独立したら毎日が初めて尽くしです。

まぁ、失敗もたくさんしましたし。

ただ、その初めてを乗り越えたときの達成感は格別です。

人生一度きり。

No challenge No Life

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
5時41分起床後MIT
6時04分からルーティン
午前中、日本政策金融公庫へ、事務作業
午後から、ブログ執筆

 


 

メールでのやり取りから「chatwork」に移行中です。

対応していただけるお客様も増えてきました。

過去の流れが俯瞰できるので便利です。
(今のところ)