スポンサーリンク




変わる「不安」と変わらない「不満」。選択権は自分にある<No 390>

)白良荘グランドホテル 

 

 

 

愚痴で終わらない

人間誰しも後ろ向きになるときもあります。

そんなときは誰かに話しを聞いて欲しいと思います。

愚痴を言って、すっきりするのならいいでしょう。

ただし、愚痴を言って終わりでなく、
最後は建設的な話にしたいものです。

 

 

 

変わる「不安」と変わらない「不満」

昔から、人の話を聞くのは嫌いではなかったので、
相談に乗ることも多くありました。

こちらからいくつかの改善策を提示したり、
会話のなかで答えを探し出す作業は、
やりがいもあります。

ただ、そんな人たちの中にも、
私と話すことによって何かの答えを求めるのではなく、
ただ単に私を不満のはけ口にしている方もいました。

この種のかたには、こちらがどれだけ改善策を示しても、
その内容に興味を示さず「でも・・」のひと言で終わらせます。

 

 

 

変わらない「不満」

  • 仕事がいやだ
  • 人間関係に我慢できない
  • やりがいがない

いくら不満を並べても、
自分が変わらなければ現状は変わりません。

最近、読み返した本のなかに、
おもしろい記述がありました。

心理学で使う「三角柱」の二面には、
次のように書いてあります。

  • 「悪いあの人」
  • 「かわいそうなわたし」

他人に不満を述べるだけの行為は、
この二つのうちのどちらかです。

そして、三つ目の面にはこう書いてあります。

 「これからどうするか」

 

過去に答えはありません。

 

 

 

変わる「不安」

変わらない不満に対して、
何かを変えようとすると、
そこには「不安」がつきまといます。

  • 仕事を変える
  • 業種を変える
  • 職種を変える
  • お客さんを変える
  • 行きつけのお店を変える
  • 道を変える

など。

それぞれ、

  • 次の仕事がすぐに見つかるのか
  • 変えた業界でやっていけるのか
  • 変えた職種でやっていけるのか
  • 新しいお客さんに受け入れられるのか
  • 知らないお店で無駄に終わらないか
  • 迷わないか

不安になります。

もちろん、変えたことが失敗に終わることもあるでしょう。

ただ、変わらなければ新しい発見はありません。

誰かに相談しても何も現状は変わりません。

だから、さきほどの「三角柱」の最後の面は、
「これからどうするか」と書かれていたのでしょう。

カウンセラーであっても、
最初の二面をどうすることもできません。

  • 「悪いあの人」
  • 「かわいそうなわたし」

は、本人だけの問題であり、
他人が介入する事柄ではないのだから。

 

 

 

「これからどうするか」

  • 「悪いあの人」
  • 「かわいそうなわたし」

私も言ってしまうことがあります。

ただ、
「これからどうするか」
をセットにすることも忘れません。

過去の経験を糧にして、今と未来につなげます。

 

 

 

[ad#ads1]

 

 

 

<編集後記>
4時15分起床後ルーティン。ルーティンとは
午前中、記事執筆
午後から、ブログ執筆、読書
夜は、できるビジネスマン二人と会食。

21時半には寝れないでしょう(^^;)

スポンサーリンク