スポンサーリンク




LINEの友達がすべて消えても、ネットで生きていればなんとかなる<No 804>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

)グランフロント大阪

 

 

あえて修復しない

6月、iPhone6sからGoogle Pixel3aに乗り換えたとき、
LINEの友達が全員消えました。

 

元々、LINEでのやり取りは距離感が難しいので、
積極的には利用していませんでした。

家族のように身近な人とは密に、
そうでなければ稀に利用出来れば良いのですが。

なかなか、そういうわけにもいきません。

自分の距離感を通り越して来られる場合もあります。

そう感じることもあったので、友達が消えても再度自分から繋げたのは妻だけでした。

 

 

LINEの友達がすべて消えてもネットで生きていればなんとかなる

LINEの友達修復をあえてしなかった理由はもう一つあります。

それは、本当に連絡を取る必要があれば、どないかするだろうと。

ネットで私の名前をググってみると、事務所のHPがトップに表示されます。

 

HPにはお問い合わせフォームがあるので、そこからコンタクトを取ることは可能です。

続いて、Twitterもヒットします。

TwitterもDM機能を利用すればコンタクトは可能です。

その他、

  • ブログ
  • Facebook
  • Instagram

などなど。

ブログにもお問い合わせ機能を設けていますし、
FacebookにはMessenger、Instagramにはメッセージがあります。

なぜ、こういった話をするかというと、昨日、ブログのお問い合わせを利用して
幼なじみから連絡があったからです。

「LINEが繋がらない」と。

かなりお冠でしたが^^;、結果は無事に繋がっています。
(私が削除したと思ったようで・・)

このように、一つの連絡手段が消えてしまっても、ネットで生きていれば何とかなるものです。

 

 

ブログのおかげ

そういった面では、ブログを続けていて良かったなと。

ブログを始めていなければ、

  • Twitterも
  • Facebookも
  • Instagramも

ここまで深く利用していなかったでしょう。

また、ネットに顔を出すことにも抵抗があったでしょう。

大きな顔をブログトップに持って来て、やや麻痺していますが💦

そこはご愛嬌を(^^)

 

 

<編集後記>
4時30分起床後ルーティン
5時からボスのYouTube Live視聴(Zoomのように双方向かと勘違いして、背景を掃除しました^^;)
午前中、娘のスイミング夏期講習、ブログ執筆
午後から、先輩税理士と梅田で会食

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク