スポンサーリンク




You Tubeをはじめるまでに買ったモノ。はじめてから買ったモノ<No 1339>

)FUJIFILM X-S10で撮影

You Tubeをはじめたきっかけ

YouTubeをはじめるには、高価な設備が必要だと思ってらっしゃる方もいるでしょう。

私がそうでした。

お金もそうですし、たくさん揃えないといけないと。

やること、考えないといけないことがたくさんあり、新しい知識が必要だと思っていたので、自分がやるものだとは思ってもみませんでした。

奇跡的にスタートできたのは、本を読む習慣があったこと。

そして、普段手に取らない分野の本を読む習慣があったことでした。

そこから気持ちと行動がリンクしてうまい具合にスタートし、今も続いています。

私にとって最初に読んだ本がきっかけでしたが、人によってはこのブログがきっかけではじめる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、You Tubeをはじめるまでに買ったモノ、はじめてから買ったモノについてお伝えします。

You Tubeをはじめるまでに買ったモノ。はじめてから買ったモノ

はじめるまでに買ったモノ

本を5冊 ランクA

You Tubeをはじめるきっかけとなった本を読み終えたのが8月20日。

You Tubeの初投稿が8月30日なので、やろうと思い立ってからはじめるまでにかかった日数は10日です。

その10日でYou Tube関連の本を5冊読みました。

ウェブの本棚

最初の1冊はなにげに買った本でしたが、そこから引き込まれ次の本、次の本へと読み漁るようになりました。

こうした気持ちを乗せてくれる本は値段以上に価値があります。

1,500円程度で新しいことにチャレンジできるのなら、本を読まない手はありません。

You Tube配信をはじめて10日。ブログとの違い<No 1315>

動画1つ ランクA 

本を5冊読んだあと、最後の仕上げとして先人が提供してくれている動画で学びました。

動画 YouTube入門セミナー

こうしたことは、同じ目的を持ち、かつ、先を走っている人の歩みを見るに限ります。

YouTuberからでもエッセンスは学べますが、YouTuberが目的としているのは広告料収入です。

広告料収入ではなく、You Tubeを自身のビジネスにつなげるのが目的であれば、同じ使い方をしている人を見るほうがいいでしょう。

ここでお金を使ったことで、さらにやる気が加速しました。

はじめてから買ったモノ

照明 9/5導入 ランクB

パソコン内蔵のカメラで録画した動画をあとで確認すると、自分の顔が暗く映っていました。

人の目には天井の照明だけで十分明るいのですが、照明と自分の位置関係や背景の明るさ暗さでカメラは対象物を判断します。

そこで明るさを向上させるために照明を買いました。

Neewer 調光可能な二色660 LEDビデオライト 耐久性のあるメタルフレーム、 Uブラケットと遮光板付き 3200-5600K、CRI96+ スタジオ撮影、YouTube、商品撮影、ビデオ撮影に適用

これで2割増しくらいの明るさに向上したのですが、カメラ・自分・照明の位置関係が難しく。

今も勉強中です。

カメラ GoPro9 9/1導入 ランクB(外撮りを含めてA)

)GoPro9

本来の購入目的は、ロードバイクからの景色を撮ることでした。

加えて、ウェブカメラとしての使用ができることを知ったので、GoPro購入後、PC内蔵のカメラからGoPro9に撮影時のカメラを変更しました。

質の違いはありました。

)MacBook Air内蔵カメラ

)GoPro9で撮影

5Kの質感でキレイにはなったのですが、いかんせん照明がまだ上手く使えずに。

顔の左半分が暗くなって見えます。

私の場合、ロードバイクでの撮影が目的でGoProを買いましたが、ウェブカメラがメインであれば、このあとのミラーレス一眼のほうがオススメです。

カメラ ミラーレス一眼 10/10導入  A

GoPro9の質感には気に入っていたのですが、照明の問題に加えて背景ボカシがGoProにはできません。

この問題を解決するために、ミラーレス一眼カメラの導入を検討しました。

手元にあったFUJIFILM X-M1は8年落ちのカメラだったのでウェブカメラに対応しておらず。

検討に検討を重ねた結果、大きな投資をしました。

動画撮影に使うカメラ選び。PC内蔵・GoPro・ミラーレス一眼<No 1337>

私が選んだのはFUJIFILM X-S10。

)スマートフォンGoogle Pixel 3aで撮影

ウェブカメラの使用だけで、ここまでの金額を投入するのはなかなか厳しいでしょうが、
You Tubeをこれからブログ並のスパンで続けていくのであればアリかなと。

写真の腕を上げていけば、家族写真を撮って貢献することもできます。

  • 中古
  • カメラメーカーのウェブカメラ化ソフト対応機種のもの
  • USB-Cケーブル対応のもの

ウェブカメラ化ソフトに対応したカメラでないと、カメラとPCを繋ぐためのキャプチャーカードが必要になるので注意です。

FUJIFILM X Webcam

あと、USB-Cケーブルは使えたほうが便利です。

古いのだと付いておらず、付いていないとバッテリーチャージャーとケーブルでの充電になります。

USB-C対応だと直接充電できるのでチャージャーとケーブルが要りません。

中古で5万〜10万あたりで状態のいいのがあれば。

YouTuberに人気があるのは、PanasonicのLumixですが、私は老舗っぽいところが好きなのでFUJIFILMにしました。

室内ライトのリモコン 9/28導入 Bランク

室内ライトが明るいほど自分の姿も明るくなるかといえばそうではなく。

カメラは背景との兼ね合いで明るくなったり暗くなったりします。

それを補うのが照明です。

購入した照明で、自分にあたる光を強めつつ、天井の照明を弱めることで自分を明るく調整することができます。

天井の照明を弱めるにはリモコンが必要なのですが、仕事部屋のリモコンは以前に劣化して捨ててしまい、今回、汎用品を買いました。

照明スタンド用のネジ カメラスタンド 9/7導入 Aランク

照明は、本体とスタンドを別々で購入します。

私はカメラスタンドを照明スタンドに代用しようとネジを買って取り付けました。

ダボネジ セット オールステンレス製 カメラネジ カメラ三脚ネジ 1/4インチ3/8イン兼用 ライトスタンド用

なんとか取り付けましたが、グラつきがあるので、照明スタンドは別であったほうがいいでしょうね。

持ってるもので代用したモノ

カメラ MacBook Air内蔵カメラ ランクA

YouTubeをはじめるにはカメラが必要です。

スマートフォンでも良し、パソコンでも良し。

私はメインPCのMacBook Airのカメラからはじめました。

とりあえず、スタートすることが大事なので。

やってみて、気になれば次の手を考えたらいいだけです。

照明ナシ

照明も最初からは導入せず、室内照明だけでスタートしました。

その後、顔が暗く映るのが判明したので照明を購入しました。

録画機能 Zoom ランクA

カメラに録画機能がなくても、パソコンがあればZoomの録画機能を使って動画を撮影することができます。

上級者になると動画と音声を別撮りして編集ソフトで合わせたりしますが、最初はZoomで十分かなと。

マイク ランクA

パソコン内臓のマイクは使わずに、外付けのマイクを使っています。

Blue Microphones Yeti。Zoom・You Tube配信におすすめマイク<No 1308>

もともと、オンラインミーティング用に使っていたマイクがあったのでそれを代用しています。

はじめてからもらったモノ

苔玉 3つ

背景をボカそうとしても対象物がなければボケません。

それでいてYou Tube映えするモノとなると限定されます。

妻の実家に緑の植物がたくさんあったことを思い出して聞いたところ、義理のお母さんが苔玉を3つ作ってくれました。

知識と経験の組み合わせが現在地

YouTubeを始めるのであれば、手元の道具だけではじめてみるのも一つの手です。

そこから、必要だと感じたモノを一つずつ揃えていくと無駄が生じません。

そういう意味でいうと、このブログやセミナーをやってたおかげで下地ができていました。

色んな知識と経験が組み合わさって今があります。

スポンサーリンク