スポンサーリンク




値上げと有料化は似て非なるもの<No 267>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

 

 

突然の有料化で困惑

最近、とあるサービスが、
突然、有料化になると発表されました。

これまで無料であったので、
困惑しています。

1が2となることに、
それほどインパクトは感じませんが、

0が1になることには、かなりインパクト
を感じます。

前者は「値上げ」であり、
後者は「有料化」です。

 

 

値上げに至るまでプロセス

モノの値段を決めるのは、
モノを売る側です。

値段の決め方は自由ですが、
市場で高いと判断されたら
売れなくなります。

最近ではヤマト運輸が思い腰を
上げて値上げに踏み切りました。

報道でたくさん取り上げられたので
ご存じの方も多いでしょう。

 

ヤマトは世間を味方につけた

ネットの普及によって、
買い物は便利になりました。

いつでもどこでもクリック
するだけで、自宅に荷物が
届きます。

ただ、届ける側は相当の負担を
強いられるようになりました。

ヤマトであれば、

  • 佐川が手放したAmazonの大量荷受け
  • 細かすぎる時間指定
  • 共働きが増えたことによる留守宅の増加
  • 留守宅への再配達
  • 再配達先の留守

結果、労働環境が悪化しました。

ヤマトは、この状況を打開する
ため値上げに踏み切りました。

また、値上げ以外にも、

  • お昼の時間指定をなくす
  • 再配達の時間を繰り上げる

など、現場の負担を軽減する対策を
とりました。

このような状況は、
連日、メディアに取り上げられて
いたので、国民にとっては受け入れ
られやすい環境になっていたでしょう。

私も、

「時間指定しておいて家にいないなんてあり得ない」

と思っていましたし、値上げは仕方がないと考える
ようになりました。

 

 

値上げと有料化は似て非なるもの

ヤマトは値上げに踏み切るまで、
段階的にマスコミに発表しました。

事前に値上げとそれに至るまでの現状を
知らされたことによって、
値上げに納得し、その必要性を感じるようになりました。

しかし、有料化となった冒頭のサービスは
有料化にいたるまでの経緯など、詳細の説明
はありませんでした。

これまで無料だと思っていたものが、
突然、有料になる。

0が1となるので不信感は半端ないです。

そのインパクトによる顧客離れも織り込み済みなのでしょう。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
4時31分起床後、ルーティン
日中勤務
帰宅後、夕食・入浴・ブログ執筆

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク