スポンサーリンク




確定申告は税務署に「行かない」「並ばない」<No 435>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

確定申告の受付はもう始まっている

確定申告の受付は2月16日から。

いやいや、もう始まっています。

  • 還付申告なら1月1日(実質4日)から
  • e-Taxなら1月15日から

受付てくれます。

 

申告期限(3月15日)間際は税務署、申告会場共に
混雑しています。

なら、「早めに行けば空いている」ということではなく。

そもそも、行かない方法を選択します。

 

 

税務署に「行かない」「並ばない」

税務署や申告会場に行かずして、
確定申告を済ますには。

いくつか方法があります。

 

e-Taxを利用する

)国税庁 e-Taxサイト

 

e-Taxを利用すれば、税務署や申告会場に足を運ぶことなく
確定申告を完結することができます。

ただし、初回のハードルはやや高いです。

パソコンはもとより、

  1. マイナンバーカード(住民基本台帳カードでもOK)が必要
  2. 1を読み取る「ICカードリーダライタ」が必要(3千円程度)
  3. 利用者識別番号の取得

マイナンバーカードは、既にお持ちの「通知カード」とは異なり、
別途役所に申請しなければなりません。

先日、私が申請したところ到着まで1ヶ月程度かかりました。

さらに、到着した書類と身分証明書を役所に持参して、
初めてマイナンバーカードをもらうことができます。

既にカードをお持ちの方でないと今回(平成29年分)
の申告には間に合わないかもしれません。

  • 既にマイナンバーカードを持っている
  • ICカードリーダライタの負担も問題ない

という方は、今回の申告からチャレンジしては
いかがでしょうか。

 

郵送する

税務署に申告書を持参した場合、
控えに受付印を押してくれます。

これは、申告の内容が認められた
わけではありません。

形式上、最低限必要な書類が添付されているのか
確認しているだけです。

もちろん、申告書に書かれた数字は見ていません。

ですので、長蛇の列に並んだ末に受け付けしてくれても
不備があれば後日、税務署からお尋ねの連絡があります。

時間を使って税務署まで来ても、
並ぶメリットがないのだとしたら、
郵送した方が効率的です。

そこで、

  1. 提出用と控え用の申告書を用意
  2. 返信用封筒(定形外)に切手を貼り付けて同封
  3. 提出先の税務署宛に送る

これだけです。

その他、

  • 表に「所得税確定申告書在中」と書いておく
  • 切手は120円(50グラム超なら140円)

などは気をつけておきます。

税務署から送付された申告書に手書きで書くのもいいですが、
パソコンができるのなら、国税庁HPの「確定申告書等作成コーナー」で入力し、
プリントアウトしたものを送った法が便利で速いです。

 

税理士に依頼する

確定申告のために、何日も徹夜するような状況なら、
税理士に依頼するのが賢明です。

依頼する基準は、

「申告書作成にかかった時間 ✖️ 自分の時間単価」が
税理士報酬より高いかどうか。

高ければ依頼した方が時間の節約になります。 

仮に、低くても間違いが生じた場合のリスクマネジメント
として依頼するケースもあります。

目先の費用を軽減するか、将来のリスクを軽減するか、
そこは考え方次第です。

 

 

自分の「単価」を知っておく

サービスを利用するとき、
「自分でもできる」を基準にしていると、
費用の削減は可能ですが、その分時間を失います。

自分の「単価」を知っておけば、サービスを依頼する
判断基準になります。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
4時36分起床後ルーティン
午前中、請求書作成送信、自分の月次決算、e-Taxで電子申告
午後から、ブログ更新、執筆作業、メール対応

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク