スポンサーリンク




JDLで「給与支払報告書」の電子申告。eLTAXは迷宮、ペーパーレス化の壁<No 668>

)お年玉でゲットしはりました

 

 

eLTAXは迷宮、ペーパーレス化の壁

独立以降、常にペーパーレス化を意識してきました。

そのために、AIやITにも極力触れるようにしています。

税理士業界もe-Taxの普及によって便利になりました。

e-Taxに続けと地方税もeLTAXを創設して頑張ってくれているのですが、
そのポータルサイトは「迷宮」に近い構造です。

この迷宮がペーパーレス化の壁となっています。

1月中に提出する「給与支払報告書」も壁の犠牲となっています。

そのため、eLTAXのみで給与支払報告書を提出するには、
それなりのITリテラシーを要求されます。

そういうわけで渋々、紙で提出する方も多いことでしょう。

そこで今日は、税務ソフトを使って提出する方法をお伝えします。

 

 

JDLで「給与支払報告書」の電子申告

以前、税務ソフト(JDL)とeLTAXの2つを利用して法人地方税を電子申告する記事を書きました。

 

これらの記事は1月に入ってからたくさん閲覧していただいています。

 

利用届出(新規)作成

eLTAXを利用するには、まず「利用届出(新規)」を行う必要があります。

お済みでないなら、過去記事を参照してください。

 

ここでまず、

  1. 税理士としての利用者ID
  2. お客様の利用者ID

をゲットします。

 

仮暗証番号はすぐに本暗証番号に変更しておきましょう。

手順は後ほど説明します。

 

JDLで「提出先」と「税目」の登録

利用者IDをゲットしたら、申告自体はJDLのソフト内で行います。

ジョブメニューにある「電子申告システム」から入っていきます。

 

 

電子申告システムに入ったら、上段の帯にある「地方税申告」を押した後、
「納税者登録」を選択します。

 

 

ここで、「初期登録(地方税)」を選択します。

 

 

次に、利用者IDと暗証番号を入力します。
(その前に、「納税者情報確認」から地方税の利用者IDを入れておきましょう)

初めての利用であれば、先程の「仮暗証番号」を入力すると、ここで本暗証番号に変更されます。

これで、お客様情報がJDLソフトとeLTAXで紐付き状態になりました。

 

 

あくまで、お客様のベースとなる情報が紐付きになっただけなので、
ここから個別の提出先・税目を追加していきます。

同じ画面の「提出先追加(地方税)」を選択します。

 

 

この会社だと既に、

  1. 大阪府に法人二税(二税って言ったことない)
  2. 箕面市に法人市民税

の登録が済んでいます。

ここで新たに個人住民税(給与支払報告書)を登録するため、左端にある「追加」を押します。

 

 

この後、

  1. 箕面市に個人住民税(給与支払報告書)
  2. 宝塚市に個人住民税(給与支払報告書)

を追加します。

まず、「大阪府」を選択してから「>>」を押すと、右にある市町村を選ぶことができます。

 

 

 

提出先を選んだら、次に、税目を選びます。

給与支払報告書は「個人住(特)」になります。

 

 

「利用者情報コピー」を押すと所在地が入力されます。

事業所名は、1事業所なら「本店」で良いのかと。

 

 

「確定」を押すと、「個人住(特)」が追加されているのがわかります。

 

 

 

ここで、「送信」したら、新たな提出先と税目の登録は完了です。

 

 

JDLで給与支払報告書の電子申告

「提出先」と「税目」の登録が完了したら、次に給与支払報告書の電子申告を行います。

同じく「地方税申告」から今度は「データ作成」を選びます。

 

 

 

1の「地方税申告データ新規作成」を選んで「実行」を押します。

 

 

「個人住(特)」「平成30年」「給与支払報告」に合わせます。

 

 

提出する会社を選んだら、次の画面になるので「確定」を押します。

 

 

この後、ICカードとICカードリーダライタを用意して「税理士署名」だけ行います。
(「納税者署名」は必要ありません)

「税理士署名」ができたら「データ送信」を行います。

この画面が出たら無事終了です。

 

「報告書印刷」から「電子帳表」を選んだら、PDFファイルで保存します。

 

 

各市町村ごとにPDFファイルが作成されるので、それぞれ保存しておきましょう。

 

 

紙ならぬ「神」

ベースとなる情報の登録は手間ですが、一度やっておくと来年が楽になります。

ここだけの話、前年まで紙で提出していた私にとっては革命的な前進です。
(前年は、本の執筆中で余裕がなかった)

この時期、平気な顔で(見てないですが^^;)執筆しているお台場のボスは紙ならぬ「神」ですね。

 

<編集後記>
4時35分起床後ルーティン
午前中、事務所で申告の準備、ブログ執筆
午後から、池田で打ち合わせ、帰宅後ブログの続き

Zoom限定「お試し15分無料」

・1度話してみたい
・雰囲気を知りたい
・サービス内容を詳しく知りたい

サービスご利用前の不安な方のために設けました。

※ Zoomのご利用方法はこちらから
※ 税務相談は含まれておりません