スポンサーリンク




異なるデータも「2軸グラフ」で見やすくなる。Excel入門<No 210>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

)さつまいも

 

 

百聞は一見に如かず

これまで決算報告と言えば、
「決算書」「申告書」を、
お客様に見てもらいながら、
数字を順を追って説明し、
最後に税額を伝えるというスタンスでした。

お客様側からすると、
その場で何となく理解していても、
すぐに忘れてしまうこともあるでしょう。

そして、後から資料を見返しても、
ピンとこないかもしれません。

今回、Excelグラフを利用することで、
後からみても理解しやすい資料作成を試みました。

 

異なるデータも「2軸グラフ」で見やすくなる

たくさんグラフを作っても、
お客様が消化出来ずに、こちらの自己満足で
終わってしまうこともあります。

なので、グラフはA4用紙1枚にとどめます。

今回、Excel初心者の私でも出来た
「2軸グラフ」を作ります。

2軸グラフには、

  • 棒グラフと折れ線グラフなどの組み合わせや
  • 異なる単位の2つのグラフの組み合わせ

などがありますので、
棒グラフと折れ線グラフを使って、
「売上」「利益」「利益率」
のグラフを作ります。

 

年度・売上・利益を入力

まずは、Excelを開いて
年度・売上・利益のデータを入力します。

利益率は、算式を入れて計算します。

28年度であれば、
「H6」のセルに、=SUM(H5/H4)といれます。
そのままだと、0.217983となるので、
数値をパーセント表示に変更します。

 

 

グラフの作成

1、グラフの対象となる数値をドラックで
範囲指定します。

 

2、「挿入」タブの「グラフ」から
「複合グラフの挿入」をクリックした後、
「集合縦棒・第2軸の折れ線」を選択します。

 

3、すると、2軸グラフが表示されます。

グラフの左側に「第一軸」の棒グラフの単位が表示され、
右側に「第二軸」の折れ線グラフの単位がパーセントで
表示されます。

グラフタイトルは、適宜変更します。

通常、2枚のグラフに分かれる数値も、
2軸グラフだと1枚ですみます。

 

 

見る側の立場になる

会計ソフトにも便利な機能がたくさんついていますが、
説明する側の立場にたったものが多いように思います。

今後も、会計に強くない人でも
一目でわかるグラフ作りを心がけたいです。

 

[ad#ads1]

 

<編集後記>
4時35分起床後、ルーティン
午前中、マイナンバー管理、個人決算申告、償却資産申告書
申告書控え返却、資料整理
午後から、ブログ整理、ブログ執筆

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク