スポンサーリンク




次の世代にとって魅力的な業界を作る<No 897>

 

 

次の世代にとって魅力的な業界を作る

先日、とある業界の方とお話する機会がありました。

大手メーカーの下請けの下請け、いわゆる孫請けをしておられます。

これまで売上は手形払いが当たり前だったところ、
資金繰りの窮屈さから抜け出すために現金払いをお願いしたら、
勝手に3%引かれるようになったそうです。

手形払いの場合、期日前に金融機関で手形を現金化するには割引料が必要です。

それを知ってのことで。

また、納品しても期日通りに支払われないことも多く、
何かと文句を付けては支払いを遅らせる。

こういった事が続くと、得意先を変えればと思うのですが、
その業界では皆同じような感覚なので、どこと取引しても同じような目にあうのだそうです。

こういうことばかりしていると、孫請けの小さな商売はどんどん潰れていきます。

現存しているところでも、子供世代に同じ思いはさせまいと、
自分の代で閉めてしまうのではないでしょうか。

そうなると、日本のモノづくりはますます衰退していきます。

大企業は、直接取り引きのある下請けだけを見るのではなく、
業界全体が一岩となって、次の世代へ向けてのアクションを起こすべきでしょう。

 

 

<編集後記>
5時35分起床後MITルーティン
午前中、事務所にて記帳指導


ブログ記事、長くなりすぎたので3等分にしました。

スポンサーリンク