スポンサーリンク




Google広告の営業と広告に頼らず検索されるサイトづくり<No 1282>

)ブログ

固定電話への営業

先日、自宅の固定電話に「Google広告を無料で受けてみませんか?」という電話がありました。

かけてこられたのはGoogleが依頼した代理店からです。

営業ではあるけれども、胡散臭さはなかったのと、代理店であれ依頼元がGoogleだと変なことはされないだろうと話を聞いてみました。

Google広告の営業

Google広告

通常は、5万から10万する広告を、今回、無料で提供するとのことでした。

後日、カメラマンがこちらにきて商材を撮影。

事業所名でGoogle検索すると、撮影した写真が上位に掲載されます。

ただ、自宅兼事務所だとリアル事務所のような看板はありませんし、賃貸なら外観をとることもNGでしょう。

そうしたケースでも、チラシやパンフレットなどの商材があれば代用できるとのことでした。

ネットに出ても差し支えないチラシがあったので、もう少し話を聞いてみることに。

電気の乗り換え

話を進めていくと、電力会社の変更が要件になることがわかりました。

まぁ、有料サービスを無料で提供してくれるわけですから、バックエンドはあるでしょう。

電気料金が安くなるのであれば、こちらにとっても悪い話しではありません。

安くならなければ、サービスは勧めないとも話していましたし。

ただ、よく聞くと、3年縛りでした。

3年以内に他社へ乗り換えると違約金が発生します。ただし、引っ越しは除きます。

1年以上の継続サービスは受けないことにしていますが、サービスの全体像が知りたかったので、もう少し話を聞いてみることに。

Googleマイビジネス

話が進むと、Googleマイビジネスというワードが出てきました。

Googleマイビジネスは、Googleが提供している無料で利用できる広告サービスです。

Google検索やGoogleマップで事業所が検索されると、上位に自社紹介が掲載されます。

  • 名称
  • 所在地
  • 電話番号
  • 事務所写真

リアル店舗や事務所であれば、所在が顕在化しているので、これらの情報が掲載されても問題ないでしょう。

むしろ、わかりやすいですし、実際、このサービスで売上が増えたという話も聞きます。

私もGoogleマイビジネスを利用したことがありました。

試験的にHPに住所を載せ、Googleマイビジネスにも電話と住所を載せましたが、反応があったのは営業電話だけでやめてしまいました。

自宅兼事務所だとNGにしている人の方が多いのかなと。

広告に頼らず検索されるサイトづくり

Google検索が全盛の時代です。

広告で問い合わせが増えることもあるのでしょうが、問い合わせはあくまで問い合わせ止まりです。

  • 営業電話
  • ちょっと聞きたい・教えて欲しい
  • 営業メール

といったことを含めた上での問い合わせ。売上に繋がらないことの方が多いでしょう。

その点、HPやブログのような自分サイトがあれば、そこに記事を書くことで検索されます。

サイトには、「お問い合わせ」ではなく「お申し込み」ページをつくります。

そこからくるのは、売上未確定の問い合わせではなく、確定したご依頼です。

自分のビジネス名で検索していただける方というのは、それはそれでお客さまになり得ますが、記事検索から来てくれる方と比べると数はごく少数でしょう。

記事検索で来てくれる方は、お困りごとの解決策を求めて来られます。

記事を読んでいただき、そこから仕事に繋がるという導線です。

そういう意味では、このブログも営業の一つとして捉えています。

<編集後記>
7月19日月曜日
6時45分起床後ルーティン
午前中、税務ミーティング準備、独自ドメインのアドレス追加、各種サイトの登録アドレス変更。

皮膚科で、予約がとれたコロナワクチンを打っていいか聞いたところ。
まさかのダメ回答。
帯状疱疹が発症したら、通常一ヶ月程度はダメとのこと。
「どうしても必要なら2週間」と言われましたが。

予約日は今月なのでとりあえずキャンセルしました。

一年半待ったので、一ヶ月くらいならそう変わらんかなと。
互いの両親と妻、5人全員2度目の接種終了しています。

スポンサーリンク