スポンサーリンク




ハーベストの丘で自然を満喫。歩く恐竜は子供が泣くほどリアル<No 331>

この恐竜は動きますが、歩きません。

 

 

 

ときには「勢い」も必要

2017年の山本家。

昨年と大きく違うことは、
クルマがあることです。

大阪市内に住んでいると、
どこへ行くにもアクセスがいいので、
これまで必要がありませんでした。

娘が生まれる前だと、大人だけで
ちゃっちゃとどこへでも行けます。

しかし、ちっちゃい子供がいると
動くことが億劫になりがちです。

そんな状況にしびれを切らした妻の
ひと声で昨年クルマを購入しました。

そのときの早朝の会話

私 「今日の予定は?」
妻 「クルマを買いに行こう!」
私 「えっ?」

その3時間後に新車を購入。

勢いとは恐ろしいものです(^^)/

 

 

 

大阪市内からクルマで45分

先日、妻の実家に留守番を頼まれました。

1泊した後、そのまま帰るのはもったいないので、
大阪府堺市の「ハーベストの丘」に行きました。

実家からクルマで30分ほど。

大阪市内からでも45分ほどで行けます。

市内にいるとコンクリートに囲まれた生活なので、
久しぶりの緑です。

園内は甲子園8個分の広さなので、
ゆったり歩くことが出来ます。

当日の気温は37℃

風と緑のおかげか体感温度は
それほど高くありません。

ところどころ、
ミストでクールダウン。

 

 

 

メインの歩く恐竜は正午に登場とのこと。

それまで、動く(その場で)恐竜を見物。
それでも結構リアルに動きます。

小さなお子さんは泣いています。

 

 

芝すべり(15分 400円)

娘に一緒にやるかと聞いたら、
「いい!(やらない)」
と…

 

細っそい吊り橋。結構、揺れました

 

 

吊り橋の下を汽車が通ります。帰りにお世話になります。

 

 

メインの水遊びスペース。
山の斜面上、段々畑ように3ヵ所を自由に行き交う
ことが出来ます。

噴水がシャワー状になっているので、
その付近にいるとびちょびちょになります。

私も念のため、水着を用意しました。

 

その後、食事をとって散策していたら、
懐かしい乗り物を発見。

左右の二人でペダルを漕いで動かします。

途中、1隻が浅瀬に乗り上げて身動き不能に
なっていました。

最後の着岸が難しそうでしたが。

こちらは、ばっちり一発着岸できました。

3人乗り(15分 900円)

 

そうこうしているうちに、
帰りの列車の時間まで後3分。

家族3人、ダッシュで丘を登って
駅に向かいます。

無事、間に合いました。

これで入り口付近まで一気に
連れて帰ってくれます(^^)/

のんびりして気持ち良かったです。

 

 

そうこうしているうちに、
時計は正午をさしています。

汽車をおりて入り口にむかって
歩いていると、歩く恐竜を見終えた
家族連れがこちらに歩いてきます。

娘の手を引っ張り、
賑やかな音のする方に急ぎます。

ギリギリ、恐竜に会えました。

この写真を撮ろうと恐竜の前方に急ぎました。

なんとか写真を撮り終えると娘がいません(-_-;)

恐竜に怯えて泣く子がいるなか、
うちの娘だけ迷子で泣いていました(^^;)

(ちょうどこの恐竜の後ろにいました)

 

 

 

「モノ」より「こと」体験

都会にいると、どうしてもモノで済ませがちです。

ほんの少し時間を使うだけで、

  • 動物とふれあう
  • 食べる
  • 遊ぶ
  • 収穫する
  • 自然がある

ことを体験することができます。

子供のためと思いながらも、
自分が癒やされてきました(^^)/

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
5時30分起床後ルーティン。ルーティンとは

午前中、法人決算、個人中間決算
午後から、ブログ執筆

今日は植村さんのブログから
イメージを拝借しました(^^;)

食レポはまだまだ出来ませんが…

「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク