スポンサーリンク




土日という概念を持たない。フリーランスの働き方<No 253>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

 

 

勤務から独立へ

通常勤務していると、
何かしら勤務先に拘束されます。

  • 勤務地
  • 勤務時間
  • 通勤

拘束されているが故に、
毎月決まった給料が保証される
という考え方も出来ますが…

フリーランスとして独立すると、
これらが逆転します。

給料はもらえませんが、

  • 決まった時間に通勤する
  • 満員電車に乗る
  • オフィスに居続ける

必要もありません。

日々、仕事を最優先するがために、
何もかも週末にならないと出来ない。

そんな生活から解放されます。

 

 

土日という概念をなくす

言葉の雰囲気からすると、

フリーになったら休みなんてないよ!

と捉えそうになりますが…

そうでもあり、

そうでない部分もあります。

  1. 平日、日中に仕事
  2. 平日、日中にプライベートの用事
  3. 週末に仕事
  4. 週末にプライベートの用事

通常勤務していれば、
1と4の組み合わせとなります。

では、フリーになったら、
2と3が必ず加わるのかといったら
そうでもありません。

私の場合、フリーになってから
これらの境目をなくしました。

 

Googlekeepで、いつでもメモ

いいアイデアは、それが欲しい
タイミングで思いつくものではありません。

  • 本を読んでいるとき
  • 歩いているとき
  • 寝ているとき

など。

子供と公園で遊んでいるときに、
いいビジネスアイデアや、
ブログネタが思いつくことも
あります。

365日24時間、いつ思いつくかは
予想出来ません。

そんなときは、Googlekeep
にメモします。

無料のアプリは、HPとスマートフォン
の両方で利用出来ます。

片手で、

  • タイトル
  • 内容

を簡単にメモしておきます。

私の場合、メモしなければ99%
忘れます(^^;)

なので、夜であろうが、週末であろうが
メモします。

 

週末に寝だめはしない

平日勤務していると、
週末に寝だめをすることもあるでしょう。

そもそも、その時点で
平日の仕事がキャパオーバーに
なっています。

私は毎朝4時30から5時に起床します。

土日含めて毎日です。

これが可能なのは、

  • 15分の昼寝
  • 睡魔が来たらマイクロ・ナップ

をしているからです。

昼寝は昼食後12時45分から13時までの
15分間。

マイクロ・ナップは、1分から数分の
短時間の睡眠です。

日中、睡魔が来たら迷わず、
マイクロ・ナップをとります。

睡魔をかかえたままでは、
仕事の能率は下がります。

マイクロ・ナップをとれば、
頭がスッキリ冴えるようになります。

これらも、平日・週末にこだわること
なく行います。

 

ビーサンに半パンで送り迎え

外出の予定がなければ、
ラフな服装で仕事をします。

保育所の送り迎えも、
夏ならビーサン(ビーチサンダル)
に半パンです。

その後に予定があれば、
ジャケパンにネクタイで
外出します。

勤務時代は、ほとんどノータイ
でしたが、独立後のお客様訪問時
にはネクタイをするようにしています。

服装で仕事を取れるわけではありません。

でも、服装で仕事を逃すことはあり得ます。

 

自分が「商品」なら読書する

物を売る商売なら、その商品に
魅力があれば売れます。

税理士など、目に見える商品が
ない職業なら、

  • サービスを見える化する
  • 自分を磨く

必要があります。

自分を磨くには、「経験」が一番
ですが、そのために何度も転職
するには時間も限られます。

私は、独立の半年前から多読を
始めました。

実際、経験には勝りませんが、
知らない世界を知ることは、
0が1になり、2や3にもなり得ます。

未だにわからないことも、
当然たくさんありますが、
わからないことを恥ずかしく
思うことはなくなりました。

必要なことであれば、
その都度覚えれば良いのです。

自分を磨くことが、そのまま
周囲への価値提供に結びつきます。

ともすれば、読書はもはや、
仕事の一部と言えるでしょう。

365日読書のない日はありません。

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
5月3日 両親とお墓へ。
5月4日 マイカー6ヶ月点検
5月5~6日 妻の実家で法人決算
5月7日 家族で買い物。読書
5月8日 5時起床後、ルーティン、日中勤務

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク