スポンサーリンク




ルーティンにすると生活に余裕が生まれる。早起きのススメ<No 139>

)朝5時台

目覚ましなしで5時起きできるようになる

2016年4月22日からブログを始めました。

ブログを始めてから、自分の仕事に対するスタイルが定まりつつあります。

早起きも、その一つです。

私は、週末も含めて毎日5時に起きています。

これまで、5時に目覚ましを合わせていましたが、このところ、目覚ましなしで起きられるようになりました。

理由は、これまで以上に「早寝」をするようになったからです。

家族との時間を大切にすることが、仕事の効率化につながる

このところ、目覚める時間が、4時半、3時と徐々に早まっています。

この早い目覚めを可能にしたのは、夜9時頃から始まる長女との添い寝です。

これまで、添い寝で朝まで寝ることはありませんでしたが、先日、朝まで寝ることになりました。

夜、9時過ぎに寝ると、必然的に5時前に目覚めます。

このときの、目覚めは最高に気持ちいいです。

目が覚めると、そのまま数秒で起き上がり、そのまま別部屋でルーティン(日課)を始めます。

5時前にルーティンを始めると、通常の「早朝ルーティン」だけでなく、
日中のメインの仕事まで、朝の早い段階で終わらすことが出来ます。

必然的に、その日の日中は、普段手がかけられていないことに時間を割くことが出来ます。

先日は、車の納車を平日の朝に受け取ることが出来ました。

雇われる側であったときには、不可能なことです。

時間に追われるのではなく、時間を使いこなす

早起きは生活のリズムを改善してくれます。

早起きを初めてから、夜9時をまわると眠気がくるようになりました。

なので、夕食後就寝までの時間はより有効に使います。

テレビを生で見ることはありません。

早起きから始めるか、早寝から始めるか、いずれにしても身体にはいい影響を与えてくれます。

また、強制されるのではなく、自分の意志ですることなので、自分のチカラでスケージュールをこなし、生きている実感が湧きます。

「ルーティン×早起き」で、時間を使いこなせれば、生活に余裕が出てきます。

スポンサーリンク




3 件のコメント

  • […] ルーティンにすると生活に余裕が生まれる。早起きのススメ<No 139>https://co-tecnica.com/routine/)朝5時台 目覚ましなしで5時起きできるようになる2016年4月22日からブログを始めました […]