スポンサーリンク




IKEAのテーブルで自宅をテレワーク仕様にリニューアル<No 1006>

自宅を快適な空間にする

テレワークが始まり自宅で仕事をする機会が多くなりました。

今後も自宅にいる時間は長くなるでしょう。

その時間を有意義に過ごしたいものです。

  1. ビジュアルがいい
  2. 効率的である(機能面)

この2つが満たされると、より有意義に過ごせるのではないでしょうか。

ただ、自宅という限られたスペースでいかにビジュアルと効率の両面を充実させられるか?

収納やDIYが得意であったり、デザイナーのような視点があればいいですが、私のような普通の人にはいいアイデアはそうそう浮かびません。

そんなときは、「いいな」と思った人のアイデアを真似びます。

昨日も、ボスの小道具から。

 

なかでも、気になったのはテーブルです。

何気ないテーブルですが、大きさとコストパフォーマンスに惹かれて購入しました。

IKEAのテーブルで自宅をテレワーク仕様にリニューアル

テーブルは、IKEAで購入しました。

LINNMON リンモンテーブルトップ, ホワイト, ホワイトステインオーク調

 

FINNVARD フィンヴァルド架台 シェルフ付

 

このテーブルの変わっているところは、テーブルトップと脚がそれぞれ分かれているところ。

まとめてセット買いすることもできますが、

 

オーク調のテーブルトップはセット買いのラインナップにないので、それぞれ別々に購入しました。

リンモン一つに対して、フィンヴァルドは2脚必要なので気をつけましょう。

配送サービス料が、商品一つと変わらない価格になっていますが、むしろ、「商品価格の方が安すぎるのでは」と思えるほどです。

以前の配置

こちらが以前の配置です。

向かって左に妻の机、右に(切れてますが)私の机、手前にお客様用の小さな机がありました。

ここから少し変動があり。

娘の小学校入学を機に、妻の机をリビングへ移動し娘の学習机に変更。

以降、仕事部屋には私の机とお客様用の机の2つ。

私の机には、デュアルモニターとMacが常設されており、更にsurfaceを使うと残りのスペースが
手のひらサイズとなり文字を書くときはお客様用の机を利用していました。

更に、緊急事態宣言以降、娘と二人で過ごすことが多くなり、娘にはちゃぶ台のようなローテーブルで勉強をしてもらっていました。

 

解体

まず、商品が届く前に現在使っている机を処分しなければなりません。

 

六角レンチのみで30分ほどで解体することができました。

このあと組み立てるテーブルも六角レンチを使用したので、夜になると右手の親指と人差し指の間の甲のあたりが疲労で痛く。

軍手をはめていたのですが、それでも痛くなったので、利き手に軍手二枚重ねしてもいいかもしれません。

組み立て

脚のフィンヴァルドの組み立ては結構アタマを使います。

 

IKEAの説明書は全世界共通だからなのか、図だけで文章での説明がありません。

 

世界共通にすることでコストを削減することができます。

IKEAとしては、お客様に対してのサービス向上よりも、低価格で提供することに重きを置いたのでしょう。

結果的に完成できたのですが、脚ひとつを作るのに30分ほどかかりました。

二つ目は、要領が分かったので10分で作れました。

ここまで六角レンチ一つで作っています。

フィンヴァルドに同封されている六角レンチは小さいので、手の甲にかなりの負担がかかります。

 

大きめの六角レンチを使うと負担が軽くなります。
(自宅にあれば)

こういうときのために、小道具は捨てずにとっています。

最後に、テーブルトップと脚を接着するのに電動ドリルを使います。

ただ、見たところテーブルには穴あけ箇所が記載されていないので、説明書の図を解釈すると自分で計測し、かつ電ドリで穴を開けなければなりません。

穴の位置がズレてしまったら、テーブルにムダな穴が開いてしまうのでとりあえず保留。

再度、確認したところ、テーブルの裏側に穴を開けてそこに突起のある金具を詰めて脚と固定するようです。

近々、挑戦します。

使い心地

いいです。

CFコーチが提唱する1A3G(1つのアクションで3つのゴール)が達成されました。

 

1つめは、これまで自分の机とお客様用の机を行き来してたのが不要になりました。

物書きや新聞を読むときは、PC前から右の空いたスペースへ椅子をスライドするだけです。

2つめは、この空いたスペースがお客様用の机になったこと、また、同じく娘の勉強スペースになったことです。

3つめは、ビジュアルが良くなったこと。

こうして見ると12,999円(税込。配送料含まず)には見えません。

母親に聞いたら、「5万円ぐらい?」と言っていました。

また、オーク調の天板のおかげで部屋全体が乱反射で明るくなりました。

注意点

脚の積載可能重量は25キロ、2つで50キロかというとそういうわけではないでしょう。

テーブル中央の下には脚がありません。

デスクトップPCを置いていたら、「中央部分がたわんでしまった」という購入者のコメントがあったので、デュアルモニターは左脚の真上に置きました。

重たいものは置かないようにしますが、仮にこの先たわんでしまっても、3,999円なので1年使えたら十分元は取れたと考えます。

<編集後記>
5時30分起床後ルーティン
請求書作成、自分の前月決算、自分のCF表作成、資金指導


お世話になっている地元信用金庫へお客様の融資で訪問。
自分のCF表でキャッシュフローの動きを解説したところ好評でした。
出来上がった税務のチラシ&料金表もお渡し。

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク