スポンサーリンク




「仕事の合間に遊び、遊びの合間に仕事」ごちゃ混ぜが家族をつなぐ<No 922>

)「御徒町」読めない。

 

 

ベースはシンプル

いっとき、「ワークライフバランス」の文言をよく目にしましたが、
今はどうなのでしょう?

私の通常スケジュールはというと、

  • 早朝4時半起床21時半就寝
  • 正午まで仕事
  • 午後からブログ
  • 18時夕食
  • 19時入浴
  • 就寝まで読書

と至ってシンプル。

日々、変わらない生活です。

これはベースであるのですが、実際のところは、
ワークとライフのバランスを取るよりも、むしろ「ごちゃ混ぜ」で。

好きなときに仕事をして、好きなときに遊んでいます。

 

 

「仕事の合間に遊び、遊びの合間に仕事」

ワークとライフは「ごちゃ混ぜ」で

昼までに仕事を終わらせて、午後からはブログを含め好きなことに時間を充てていますが、
予定が入ると午前と午後を柔軟にチェンジしています。

疲れがあれば午前中に病院へ行くこともありますし、
遠方から友人が遊びに来るとなれば、昼間からワインを飲むことも。

 

土日に通常業務はしませんが、セミナーや個別面談には対応しています。

セミナーや個別相談だと、がっつり1日働くことはなく、
午前や午後の数時間で終えることができます。

そうすると、他の時間は自分や家族との時間に充てることができるので、
精神的・肉体的に大きな負担とはなりません。

むしろ、新たな出会いに気持ちが高揚したり、新たな挑戦で達成感を味わうことができます。

逆に、休日に何もしないでいると、週明けの負担が重くなります。

 

遠征もごちゃ混ぜ

昨日までの3日間、身内の手続きをしに東京と埼玉へ行ってきました。

この三日間も、いつも通りのタスクは欠かさずやっています。

  • 起床後ルーティン
  • メール対応
  • 役所からの電話対応
  • ブログ更新

持参したPCはMacBook Proのみで、Windows機は持って行きませんでした。

Macだと税務や会計ソフトを起動できないので、多少のリスクはありましたが、
訪問時の対面回答をベースにしているので、そこは潔く

こういった生き方ができるのは、ITやネット環境のおかげであり、
昨今の働き方改革のおかげでもあります。

世間の見方が変わりつつあるというのは、ごちゃ混ぜの生き方に追い風です。

 

今回の遠征、決して遊びとは言えず、むしろ仕事以上に難易度の高いものでした。

  • 身内の後見人との折衝
  • 齊場でのお見送り
  • 遺品整理

など、通常業務以上の緊張感があり、知らない土地で体力を消耗しました。

仮に雇われている状態であったなら、わざわざ3日間も有給をとってまで
自分が手を挙げることはなかったでしょう。
(勤務で有給をとるのは簡単なことではありません。ましてや、税理士業界の1月に)

ワークとライフがごちゃ混ぜ状態の自分だからこそ、
その使命をまっとうしようという気になれたのかなと。

ごちゃ混ぜだと、生きる本質に目を向けることができます。

 

 

ごちゃ混ぜが家族をつなぐ

家族や周囲にごちゃ混ぜな生き方を賛同してもらえないのなら、
共に時間を過ごすことは難しいでしょう。
(ブログの時間やネット対応を含めて)

近しい人で自分のスタイルに合わない方がおられると、
そういった方とは距離をおくことになります。

小学校への見送り、帰宅の出迎えを家族全員揃ってできるのは幸せだなと。

 

 

<編集後記>
0時就寝、6時00分起床後ルーティン
午前中、溜まった事務処理と税務対応
午後から、法人顧問お問い合わせ対応、ブログ執筆


<ラン&バイク>
病み上がりで明日のバイク指導をキャンセル。

週明けから動けそう。

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク