「インセンティブ」は明確にしているか<No 437>

Pocket

)喜八洲(きやす)みたらし団子

 

 

モチベーションの源

  • 給料
  • 賞与
  • 残業代

本来、明確であるはずの報酬が、
そうではないことが多々あります。

勤務時代のあるところでは、
タイムカードがありませんでした。

「残業したら言ってね」

と言われても、そのうち自身の残業自体が
「負の行為」のように思えて、
残業の事実を申告しないようになりました。

俗に言う「サービス残業」です。

今の自分であればあり得ない話ですが、
その頃はまだ純粋だったので。

  • 仕事に対する責任感
  • 「資格がない」という劣等感
  • 転職に対する倦怠感

など。

こういったことは、どの業界にも少なからずあるでしょう。

 

 

 

インセンティブは明確にしているか?

インセンティブは何かしらの「報酬」を意味します。

 

繁忙期のインセンティブ

税理士業界にはいわゆる「繁忙期」があります。

12月から3月にかけて。

法人が多ければ5月まで。

事務所によっては、毎日終電というところもあるでしょう。

「書き入れ時」という言葉があるくらいなので、
当然のことかもしれないですが。

雇われ側は、この繁忙期にきちんと

  • 残業手当はついているか
  • 臨時の賞与は適正か

を意識して考えるべきでしょう。

雇われる側が声を上げなければ、
雇う側は現状に不満がないものだと解釈します。

逆に、雇う側はそれなりのインセンティブを
明確にしておきます。

所得税の確定申告であれば、

  • 担当した件数につきいくら
  • 担当した売上につきいくら

と事前に通知しておきます。

雇われる側は顧客の決算を組めば、
支払われた報酬はわかるので。

適正なインセンティブがなければ、
モチベーションが下がるのは確実です。

 

 

紹介に対するインセンティブ

独立したら自分で仕事を取らなければなりません。

私の場合、独立前からネットに力を入れました。

しかし、HPやブログを作ったからといって、
すぐにネット経由で仕事の依頼はきません。

そこで、今はリアルの繋がりをこれまで以上に
大切にするようにしています。

ただ、闇雲に人に会うのではなく、
これぞと思う人に1対1で。

気をつけるべきは、売り込みはしないこと。

まずは、自分というキャラクターを知ってもらうのが
狙いです。

そして、相手にとって価値となり得るものを
こちらから提供します。

  • 税務ネタ
  • よろず相談

税務ネタやよろず相談も需要があればいいですが、
ない場合もあります。

そんなときは、「紹介に対するインセンティブ」
を設けておきます。

人は何かしらの報酬や明確なメリットがなければ
動いてくれません。

食事の場であれば、その場の費用は当然負担します。

 

 

家族に対するインセンティブ

一家の主として、家族を養うことは
当然の義務として。

私がこれまで心がけてきたことは、
同じ時間の共有です。

幸い、独立してからは家族との時間
を多くとることが出来ています。

しかし、今日電車の中で何かが足りないと
気がつきました。

家族に対するインセンティブ

「おみやげ」です。

そこで、購入したのが、冒頭のみたらし団子。

以前はたまにケーキを買って帰ることもあったのですが、
帰り道を変えてからばったりなくなっていました。

 

 

インセンティブに「気持ち」も乗せる

インセンティブがあっても
そこに感謝の気持ちがなければ、
人の心は離れていきます。

まずは自分から与えること。

そこに、気持ちを乗せることを忘れません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
4時25分起床後ルーティン
午前中、読書
午後から、月次訪問、個別コンサルティング、ブログ執筆


 

)注文してから焼いてくれます。隣のタレをたっぷりと(^^)/

 

)家族で美味しくいただきました(^^)/