スポンサーリンク




逆算思考のインプット。アウトプットはゴールを決めてから<No 1066>

)海遊館にて

 

目から鱗をなくす

このあいだ、井ノ上さんがどこかのメディアで、

目から鱗をなくす

と書かれていました。

なるほどそうだなと、心に響きました。

目から鱗の状態だと、知ったことやその周辺知識について詳しくないということです。

新聞、雑誌、書籍、SNS、セミナーから得られる情報の中で、目から鱗があると、
自分もまだまだだなあと思うようにしています。

<セミナー情報>

逆算思考のインプット。アウトプットはゴールを決めてから

先にゴールを決めておく

目から鱗をなくすために、あらゆる情報を詰め込まないといけないのか?

私がインプットするのは、

  1. 自分が興味のあること
  2. 自分にとって必要なこと

に限定しています。

そうしないと、情報過多になります。

自分が興味のないことや、自分に必要のないことは、仮に自分の周囲がやっていても気にしません。

その上で、インプットを上手に選ぶポイントは、先にゴールを決めておくことです。

インプットした知識をどこでどうアウトプットするのか?

  • ブログを書く
  • セミナーで話す
  • お客様に話す
  • 新しいセミナーを企画する
  • 動画・音声ファイルをつくる
  • 身近な人に話す
  • 営業でつかう

など行動を伴うことです。

ゴールを決めておかないと、宝の持ち腐れになります。

 

インプットは時間もお金もかかる

インプットするには時間がかかります。

本を1冊読み終わるのに5,6時間はかけています。

セミナーに参加したら2〜4時間程度とられます。

当然、お金もかかります。

本なら、1,500円から2,000円程。

セミナーなら数千円から数万円。目の飛び出るような金額のものもあります。

すべての情報をインプットするには、時間もお金も足りません。

 

インプットは甘い。アウトプットは辛い

正直、インプットをしていると心地いいですし、高尚なことをしていると悦に入ります。

好きな本を読めば知識が上積みされている感覚になります。

セミナーに参加すれば、賢くなった気になります。

しかし、そこで止まらずアウトプットにつなげます。

ただ、アウトプットは正直辛いものです。

ブログを書くのは楽ではないですし、新しい知識を人に披露するのは恥ずかしいものです。

インプットしたことをそのまま出せればいいですが、自分仕様への加工も必要になります。

また、アウトプットしたからといってすぐに成果が出るものではありません。

結果、インプットした後、さらにインプットを続けてしまうことがあります。

2,000円程度の本ならまだしも、数万・数十万を無駄に使いたくはありません。

そうならない為にも、インプットの前にゴールを見つけます。

本を読むときは目次を見て、この本から得たいことを先に決めておきます。

得たいことを先に決めておくと、カラーバス効果で文字が浮き上がってみえることがあります。

セミナー参加も同じです。

セミナーには単体で成り立つセミナーと、バックエンドを販売するためのフロントセミナーがあります。

気をつけたいことは、後者のセミナーからバックエンドの紹介を差し引いたときに前者と同じレベルの価値が残っているか。

これがないと、バックエンドを受けない人にとっては何も残らないことがあります。

<サービスメニュー>

 

<編集後記>
昨日の水曜日
4時40分起床後ルーティン
午前中は税理士業務。
午後からとあるセミナー受講3時間。

スポンサーリンク