スポンサーリンク




2018年 読んで良かった書籍「10冊」其ノ参。公文式は、「英語」より「国語」<No 654>

其ノ参

前回に引き続いて、2018年 読んで良かった書籍「10冊」の三冊目を紹介します。

前回同様、10冊のなかで順位付けはしていないので、順不同による三番めの紹介です。

 

 

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

 

「AIに仕事を奪われる」

この言葉、もう耳に慣れましたね。

それでは、いったいどんな仕事がAIによりなくなるのか?

雑誌やテレビ、新聞紙面でランクキングを見かけますが、
引用元は海外の研究機関のものなので、それをそのまま日本の仕事に当てはめるのには
「少々無理があるのでは」と思っています。

この本のなかでは、
「どの仕事がなくなって、どの仕事が生き残る」ということよりも、
AIは「何が得意で、何が得意でないのか」ということを、わかりやすく説明してくれています。

具体的には、著者が研究開発に関わっている「東ロボくん」のデータを交えて解説しています。

東ロボくんの学力は、MARCH(関東の中堅上位私大)や関関同立(関西上位私大)で80%の合格率
を叩き出しています。

この成績は、センター試験の上位20%に東ロボくんが入るということです。
 
センター試験というあくまで知識を問う競争ではありますが、
残り80%の学生は東ロボくんに劣るということになります。
 
では、この残り80%の学生の仕事がなくなるかというと、そういうわけではありません。

AIは所詮コンピュータなので、数値やデータに置換えられない限り処理することは出来ません。

そもそも、AIは漠然とした課題に対して自発的に取り組むことはできません。

そのため、人間が課題を与えてあげる必要があります。
 
そうして、いったん与えられた課題を数値化することができたなら、
後の処理はお手のものです。
 
ということは、AIの得意な計算で人間が勝とうとするのではなく、

  • 課題を与える側になる
  • やってることの意味を理解する
  • 理解できない人にうまく説明する

など、AIにできない場所で勝てばいいのです。

 

課題を与える側になる

PCやスマートフォン、また、たくさんの便利なアプリが身近になりました。
 
ただ、そこにAIが機能として加わっても、AIが勝手に動くわけではありません。
 
仮に勝手に動いたとしても、その動作をスタートさせているのは人間です。
 
つまり、スタートの役割はまだ人間に残された仕事なのです。
 
そのためには、AIを使える、理解できるチカラが必要です。
 
 

やってることの意味を理解する

計算が得意なAIに対して、仮に税務相談をしたとします。

課題を与えてあげるのは人間です。

仮に、

  • 「仮想通貨 所得の計算」
  • 「仮想通貨 ICO 所得の計算」
  • 「仮想通貨 雑損控除」

などの課題を与えたとしましょう。

AIが膨大なデータベースから目当ての条文や判例を見つけ出す能力があっても、
条文や判例そのものがないのなら、ヒットするデータはゼロです。

なんとか、国税庁のFAQから「仮想通貨の所得計算」を見つけ出せたとしても、
「仮想通貨 ICO 所得の計算」や「仮想通貨 雑損控除」は信頼できるデータベースには存在しません。

ここが人間の出番です。

既存の条文や実務家の見解に当てはめて、答えを導き出します。

もちろん、真っ白な答えはどこにも見当たりません。

ただ、グレーな答えであったとしても、条文や見解を自分なりに解釈できるかどうかがポイントです。

 

理解できない人にうまく説明する

そうして、自分なりに解釈したことを、理解できない人にうまく説明してあげます。

専門用語を使わずに、相手が理解しやすい平易な言葉を使います。

こういった仕事はなくならないのだろうと思います。

今の時期、いろんなお客様と接します。

どれだけ本業に精通していても、
どれだけクラウド会計を使いこなしても、
どれだけ仮想通貨を熟知していても、

知らないことは必ずあります。

その部分を言葉で補ってあげる仕事はなくならないのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

公文式は、「英語」より「国語」

本書のなかで、「基礎的読解力は人生を左右する」と書かれていました。

なるほど、そうだなと。

私は国語が苦手だったからです。

言葉足らずで、うまく説明できずに損をする。

そうならないように、娘の公文式を「英語」から「国語」に変えました^^;

 

 

<編集後記>
5時35分起床後ルーティン
午前中、ブログ・HP改善、記帳指導訪問
午後から、ブログ執筆


以前、税理士受験入門セミナーを受けていただいた方から嬉しい知らせが届きました。

2018年、消費税合格と大学院合格。

すでに簿財をお持ちの方だったので、大学院卒業後にはゴールが待っています。

おめでとうございます!

こちらの世界でお待ちしています(^^)