スポンサーリンク




晩婚のメリット・デメリット。独身でモヤモヤしている人にむけて<No 1314>

)娘と私 2017年3月ホノルルにて

結婚して11年半。

現在48歳(2021年9月)の私が結婚したのは37歳のとき。

今8歳の娘を授かったのは、その2年後、39歳のときでした。

30くらいで結婚するつもりだったので、予定よりかなり遅れています。

俗に言う、晩婚の部類に入るでしょう。

晩婚は世間的にいえば、

  • 高齢出産(女性の場合)
  • 体力的に子育てがキツい
  • ローンが払い終わらない
  • 若いお父さん、お母さんでない
  • 運動会で走られない

といったネガティブな印象があります。

私は男なので出産はありませんでしたが、今のところ、これらで困ったことはありません。

むしろ、晩婚で良かったなと感じています。

独身でモヤモヤしている方に向けてお伝えします。

晩婚のメリット・デメリット

独身の頃、友人から声がかかるといえば、

  • 飲み会
  • バーベキュー

男女揃って楽しむ機会がたくさんありました。

こうしたところへ意気込んでいくと、結果はよろしくありません。

彼女を作ろう、結婚相手をみつけようと行くば行くほど空回りします。

空回りに疲れ、ひとり黙々と勉強していた36のときに妻と出会いました。

このときは、妻の妹と3人でその場を楽しむことだけを考えていました。

先のことを考えることなく、積み木を重ねるがごとく積み上げていくと、5ヶ月後には結婚していました。

失敗の数だけ平穏に暮らせる

晩婚なので、それまで多少の経験はしてきています。

失敗もたくさんしました。

晩婚は、若い頃のそうした失敗がめちゃくちゃ活きてきます。

昔ならそのまま話していたことでも、

  • オブラートに包んだ言い方をする
  • 話すタイミングをずらす
  • あえて言わない方がいいこともある

喉から言葉が出る前に、一度アタマで考えてから話すようになりました。

失敗したときは辛いものですが、その失敗があとあとの人生に繋がります。

自分に合う人がわかる

若い頃は自分の理想像を追いがちですが、その理想像が自分に合うとは限りません。

たくさん失敗すると、自分の理想像を追いつつも、自分に合う人というのが見えてきます。

私は、ちょうど妻と出会った頃に見えてきました。

あっ、この人だなと。

その目に狂いはなく。

デートらしいデートもしないまま結婚しましたが、これまで大きな波もなくやってこれました。

子育てに前向き

独身時代に、やりたいこと、やるべきことをしっかりやっておくと、子育てに前向きに取り組めます。

子供の成長は今この瞬間だけであって、あとからやり直したくても戻れません。

若くして結婚していたら、こうした子供や家族中心の生活を心地よく感じられなかったかもしれません。

例え晩婚でも、独身のうちにやるべきことをやっておけば、自分中心でなくてもストレスを感じることなくいられます。

保育所への送り届けは毎日しましたし、自分以上に園児たちの名前を言えるお父さんはいないと自負しています。

クラス懇談で20人くらいのお母さんのなかに、私ひとりで参加したこともありました。

オムツは毎日替えましたし、小児科にもしょっちゅう連れていきました。

40を超えると、こうしたことを煩わしいと思うのではなく、家族の成長=自分の成長に感じられるようになったのです。

自分中心から娘や家族中心に考えれるようになったのは晩婚のおかげでしょう。

自分が変わった方が早いと思えるようになる

若いと自己主張あってこその大人だと思っていましたが、歳をとると我を通すところとそうでないところを見極めるようになりました。

他人を変えようとするから辛くなったり、しんどくなったりするのであって、自分が変わった方が早いことは多々あります。

行動まではいかなくても、考え方を変えるだけで楽に生きることができます。

チカラを注ぐべきは自分のチカラで変えられること。

変えられないことは、時間も思考も使いません。

晩婚のデメリット

晩婚のデメリットを考えてみました。

が、これといって思いつかず。

よ〜く考えて一つありました。

自分が歳をとると、自分の両親も年老います。

娘の保育園時代、自分の両親は70代前半、妻の両親は60代で元気に孫の面倒をみてくれました。

今、自分の両親が80前後、妻の両親が70前後になって、当時と同じことをお願いできるかといったら無理でしょう。

歳をとると思考、体力共に衰えていくのは自然なことです。

そんななか、最高齢、81の自分の父親が一番元気なのには驚かされます。

今を大切に生きる

朝7時に朝食、夕方6時に夕食、21時半に川の字で就寝。

ここ数年、我が家のルーティンになっています。

今、娘は8歳。

川の字で寝られるのもあと2年くらいでしょうか?

今を大切に生きています。

<編集後記>
9月6日月曜日
3時50分起床後ルーティン
午前中、月次支援金対応、法人9月決算。
You Tubeスライド作成・撮影・編集・サムネイル作成・配信・HP記事に埋め込みまで。
午後、昼寝をしてからブログ更新。

スポンサーリンク