スポンサーリンク




「やらないことリスト」は自分の軸をつくるため<No 348>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

)「おうち」

 

 

 

人に流されていた自分

昔から人に流されていた方でした。

「自分がない」という訳ではなく、
特に嫌でなければ受け入れる。

「そういう考えもあるよね」
「こういう考えもあるよね」

なんて言っていたら、
全く逆の位置に来ていることもありました。

なので、友人のキャラにも一貫性がなく、
友人同士が合わないことも。

  • 真面目な自分
  • おとなしい自分
  • ノリがいい自分

どれも自分です。

特別、無理をしているわけでなく、

  • 人に合わせる
  • 空気に合わせる
  • 世間に合わせる

ことを自然にしていました。

ただ、ひとりビジネスをする上で、
このキャラは不利です。

丸め込まれてします。

丸め込まれないために、
「やらないことリスト」を
作ります。

 

 

自分の時間を生きる

「やらないことリスト」を作る理由は、
弱い自分に打ち勝つためです。

弱い自分は、対人だけでなく、
自分自身の中にもいます。

事前にリスト化することで、
判断に迷わなくなります。

私の「やらないことリスト」は
プロフィールにも掲載しています。

  • 他人の時間を生きない
  • 電話を多様しない
  • 銀行に行かない(ネットバンク利用)
  • 郵便局に行かない(Webレター、Web速達利用)
  • メールを頻繁に見ない
  • リアルタイムでテレビを見ない
  • 「忙しい」とは言わない
  • 「立て込んでまして」とは言わない
  • アポ無しの相談にのらない
  • ミーティング中、スマホをテーブルに置かない
  • 家族と話すとき、スマホを触らない
  • 運転中スマホは触らない
  • 外食中スマホは触らない
  • PCファイルは探さない(検索する)
  • 営業代行は利用しない
  • 17時以降仕事はしない
  • 二次会に行かない
  • 午前様にならない
  • 請求書は手書きしない(misoca利用)
  • 大事なことは電話で話さない(目を見て会って話す)

こうして書くと、冷たい人間のようですが、
100%遂行出来てるわけではありません。

知ってる相手の電話には出ますし、
どうしようもなければ、
大事なことでも電話で話します。

ただ、軸を頭で理解していなければ、
ズルズル引き出されてしまいます。

  • 時間もなくなる
  • お金もなくなる
  • 身体も頭も疲れ

自分の時間を生きることは出来ません。

 

 

電話=仕事からの脱却

先日、参加したセミナーの休み時間。

参加者の半数の方が、
仕事らしい電話をしていました。

若い頃なら、
「できる社会人」
と思い込んでいましたが・・・

今、仕事の電話はゼロです。

「やらないことリスト」の効果はあります。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
4時起床後ルーティン、ルーティンとは
6時からラン40分

午前中、JDL来客、parallel desktopで立往生。
午後から、ブログ執筆
夕方から、ゴルフ練

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク