スポンサーリンク




「このリンクはまだ評価されていません」と出たら。マカフィーに再評価してもらう<No 201>

リスクマネジメントされる側にならない

このブログを始めてからもうすぐ一年がたちますが、ずっと放置していたことがあります。

それは、自分のブログサイトを検索すると、

「このリンクはまだ評価されていません」

と表示されることです。

閲覧するPCにインストールされているウィルスソフトによって表示は異なるようです。

私のPCにはMcAfeeがインストールされているので、このような表示になります。

本来、正常なサイトであればMcAfeeは

と表示します。

閲覧するプラウザによっても異なるようです。

Google chromeなら表示されますが、Internet explorerでは表示されません。

ブログを始めた当初からこの表示を確認していたので、この問題を何度か解決しようと試みたのですが、ずっと未解決のままでした。

未解決であった理由は、

  • 単に何度やっても解決できなかった
  • 自分が検索する側でなかったので見る機会が少なかった
  • 「危険」とまでは表示されていなかった
  • 検索する側の心境になっていなかった

特に、

検索する側の心境になっていなかった

ことは今覚えば大きな過ちです。

自分のサイトはクリーンだと誰でも思います。

しかし、他人がそう見るとは限りません。

自分が検索する側の立場になって考えると、あえて「グレー」なサイトに入っていくことはありません。

今回、重い腰を上げて解決を試みました。

マカフィーのサイトはわかりづらい

マカフィーのサイトに乗り込んでも、どこにクレームを入れて良いのかもわかりません。

試行錯誤して行きついたのが、サイトの安全性評価について再評価を依頼するフォームです。

  • マカフィー
  • レーティング
  • 再調査

で検索すると、最上位に表示されます。

サイト内に入ると、「サイトアドバイザーの安全性評価(レーティング)について、再調査を依頼する場合の問い合わせ方法」とあるので、順に読んでいきます。

下にスクロールすると、次の画面が出てくるので、この画面を消さずに「1.以下のURLにアクセスします」をクリックします。

英語表記ですが、次のURLへ飛ぶとGoogleが自動で翻訳してくれます。

ここでアカウントがなければ「アカウント作成」をクリックして作成します。

アカウントを作成するとメールが来るので、指示に従います。

指示通りに進めて、自分のサイトの状態を確認します。

1、まず「ご使用の製品を選択してください。」とありますが、自分も閲覧する側の人もどの製品を利用しているなんてわかりません。上から順番に試してみます。

2、自分のサイトのURLを入力します。
3、「URLを確認します」をクリックします。すると、自分のサイトの状態が表示されます。

結果、私のブログは全て「未確認」と評価されました。

再評価をお願いする

改めて自分のブログサイトが「グレー」であると認識出来ましたので、次に、再評価をお願いをします。

「オプションの分類の提案」には何も入れずに、「オプションのコメント」に再評価をお願いする文言を入れます。

マカフィー側で、日本人が見ているのか、外国人が見ているのかわからないので、私は日本語と英語の両方で書きました。

翻訳機能があるので、日本語だけで問題ないとは思いますが。

すると、以下のメールが英文で届きます。

おおむね、否定的なことは書いていないようです。

そして、待つこと4時間ほどで、「最小限のリスク」となりました。

最小限でも「リスク」と書かれているので気になりますが、minimum riskを直訳しているので、この場合「リスクは、ほぼない」と解釈して良いでしょう。

Googleからの検索も、正常になりました。

タスク管理の成果あり

これまでこの状況を放置してきたのは、「緊急」ではなかったからです。

しかし、本来ならサイトに訪れてくれていたであろう方を逃したアクセスの損失は大きいです。

今回、1年も放置してきたことに着手出来たのは他ならない「タスク管理」のおかげです。

やるべきことを見える化する。「タスク管理」の成果がありました。

<編集後記>
5時起き、ルーティン
午前中、JDL初年度のため、資産データ入替。
午後から、マカフィーにサイトの再調査を依頼。ブログ執筆

スポンサーリンク