スポンサーリンク




「Parallels Desktop」導入時のトラブル対処法<No 368>

)パラレルデスクトップのサイト

ひと月でストレスがなくなった

MacBook Proとほぼ同時に導入した「Parallels Desktop」。

Macも初めてなら、Macの中でWindowsを動かすことも初めてです。
(Parallels DesktopはMacのなかでWindowsを動かすソフトです)

導入からひと月が経過し、試行錯誤しながらもほぼ支障なく動かすことができるようになりました。

<セミナー情報>

導入による3つのトラブル

基本、Macは感覚で動かすことができます。

わからなければ「ヘルプ」ボタンを押すか、ググれば、ほぼなんとかなります。

しかし、なんとかならなかったトラブルもあります。

インストールしていないWindows10が使えた

こう書くとなんだかいいことのように思えますが‥

MacBook Pro導入後、Parallels Desktopをインストールしました。

すると、Windows10の画面になりその後、Windowsを使うことができました。

Windowsを購入すらしていないのに、普通に考えたらおかしなことなんですが、

  • 初めてのMacBook Pro
  • 初めてのParallels Desktop

でテンションが上がっていたのでしょう。

「Windows付いてるんだ」ぐらいに思っていました。

その間、なにやらWindowsのインストールを促す表示が出ているのに放置していたところ、ある日突然「真っ暗」になりました。

慌てて、Windows10をAmazonで購入し、インストールするも、真っ暗画面はおさまりません。

最初から真面目にインストールしておけばと思っても後の祭りです。

ただ、この時すでに別のトラブルが起こっていたのです。

Parallels Desktopが「真っ暗」になったら

結論、この時点でWindowsのインストールは無事に終了していました。

そして、この状況を回避すべく、

  • parallels社に問い合わせる
  • ググる

などしますが、問い合わせからは満足のいく回答は得られず、ネット上で挙がっている方法でも
改善しません。

最後は、Parallels Desktopのアイコンから、「処理」を選択し、「リセット」を選択すると治りました。

プリントアウトができない

最後にこれが一番苦労しました。

IT化の波に乗り切れていない家人は、まだプリンターを必要としています。

なので、Macとプリンターを無線で接続しようとしたところ繋がりません。

USB接続なら問題ないのですが。

MacにはCDドライブは付いていないので、ネットからインストーラーをダウンロードします。

しかし、何度やってもうまくいきません。

Macでダメなら、Parallels Desktop上のWindowsなら?とWindowsにインストールしてもダメです。

ググり続けたところ、Windowsの印刷設定をMacの仕様と同じようにすることがわかりました。

やり方は、Parallels Desktopのアイコンから、「コントールセンター」を選択し、ネジのような設定ボタンを押すと、「Windows10の構成」が現れます。

ここで、「Windows10とMacのプリンタを共有にする」にチェックを入れます。

その後、Windows10にインストールしたプリンタドライバをアンインストールしたところ、無線でプリントすることができるようになりました。

<サービスメニュー>

「難しい」ほど「かわいく」なる

導入時に迷ったWindowsとMac。

なんでも初めてのことは大変ですが、「ネタになるなら」と新しい方を選びました。


<セミナー情報>

<編集後記>
4時38分起床後ルーティン。
午前中、読書、プロジェクタケース購入、プリンター設定、ラン10.63㎞
午後から、ブログ執筆、整体

スポンサーリンク