スポンサーリンク




独自ドメインを利用して自分だけのメールアドレスをつくる<No 448>

 

 

 

タスクリストに上がったままだったタスク

これまで、やろうとして出来てなかったこと。

ずっと、タスクリストに上がったままだったタスク。

そう、「メールアドレスの作成」を昨日終えることが出来ました。

 

 

自分だけのメールアドレスをつくる

これまでのアドレスは、

lancia-delta×××@leto.eonet.ne.jp

lancia.delta×××@gmail.com

の2つです。

一つ目は、ビジネス用のPCアドレスで、
二つ目は、それ以外用のGメールです。

今回、ビジネス用のアドレスをもう1つ作りました。

 

プロバイダーで作成

普段、ブログとHP用のプロバイダーには、
さくらインターネットを利用しています。

私はここに、ブログとHP用のドメイン(住所みたいたもの)
を既に持っています。

ブログは「co-tecnica.com」で、

HPは「yamamotozeirishi.com」。

今回は、HP用のドメインである「yamamotozeirishi.com」
を利用してアドレスを作ることにしました。

*独自ドメインの取得はこちらで出来ます

 

コントロールパネルで作成

独自ドメインを利用したアドレスの作成は、
自分のドメインがあるサーバーのコントロールパネルから行います。

さくらインターネットだと、コントロールパネルの左下にある
「メールアドレスの管理」から入っていきます。

 

 

「メールアドレスの管理」を選択すると下の方に、
「メールアドレスの追加」が見えるので、
ここでアドレスとパスワードを設定します。

 

ここで疑問に思うのは、ドメインには既に自分オリジナルの名称が
入っているので、アドレスの先頭にも入れてしまうと、
ドメインとかぶってしまいます。

「yamotozeirishi@yamamotozeirishi.com」のように。

なので、ビジネス上の監修としてアドレスの先頭を
次のようなアルファベット表記にします。

  • info@yamamotozeirishi.com
  • sales@yamamotozeirishi.com
  • support@yamamotozeirishi.com
  • marketing@yamamotozeirishi.com
  • webmaster@yamamotozeirishi.com
  • www@yamamotozeirishi.com

など。

これで、ビジネス用のアドレスっぽくなります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
4時00分起床後、MIT
5時20分からルーティン
終日、合同申告書作成会場(梅田スカイビル)にて無料税務相談