スポンサーリンク




長期的な視点でお金とお金以外を投資するメリット<No 1313>

)資産運用のイメージ

急がば回れ

短期間で結果が出るものは、運に左右されるもの、ギャンブル的な要素が強いものが多く。

中毒性があったり、効果が一過性のものもあります。

キャンブルは、運営している胴元が最終的には勝つ仕組みになっていますし。

お客さんの方が儲かるのであれば、損益は出ずに遅かれ早かれ潰れてしまいます。

潰れないのは利益が出ているからであり、言い換えれば、お客さんが損しているからです。

ギャンブル的な要素を減らすには、時間を長くとることが有効です。

短期間で結果を出そうとするのでなく、例え時間がかかってもより確実にゴールへ向かうことを優先します。

長期的な視点でお金とお金以外を投資するメリット

長期的な視点を取り入れているものに資産運用があります。

運用といっても、実際のところは動かさずに寝かしています。

寝かしているといっても、タンス預金や預貯金のように、まったく増えないものや増えても微々たるものではありません。

  • 厚生年金
  • iDeCo
  • つみたてNISA

iDeCoは60歳以上、厚生年金は65歳以上にならなければ受給資格はありませんが、そのあいだはプロが運用してくれています。

年金はあてにはなりませんが、国家が破綻していなければ支給されるでしょう。

その点、iDeCoやつみたてNISAは、自分で銘柄を選べるので安心です。

つみたてNISAは、毎月定額なので無理なく積み立てることができます。

ドルコスト平均法といって、価格が低い月には買う量が増え、価格が高い月には買う量が減り、長期的に買うことで市場価格の変動を受けにくいといった特徴があります。

ドルコスト平均法は、頻繁に売り買いを繰り返すデイトレードよりも最終的には高リターンが得られるといわれています。

つみたてNISAをはじめてからまだ2年も経っていませんが、元金に対して予想を超える益が出ています。

日々の増減はほとんど見えませんが、時間が経つと大きな動きになっているのがわかります。

ただ、すべてのお金を投資に回してしまうと、リスク時に動きがとれなくなるので、ある程度は手元に残しています。

現預金は、生活費3ヶ月分で十分かなと。

生活費3ヶ月分以外のお金は、借り入れたお金をごくわずかな必要なものに使い、あとは借入残高に近い金額をそのまま融資を受けた金融機関に置いています。

借り入れたお金を投資に回すと資金義務違反になるので。

このお金はあくまでもリスクマネジメントとしての位置づけです。

長期的な視点に立つ考えはこのブログも同じです。

すぐに効果(売上)を狙うのではなく、日々投稿することによって長期的に少しずつ恩恵を受けられる仕組みです。

ブログは働き方だけでなく、生き方にも繋がっています。

普通に生活していると、自分の気持ちや考えを文字にすることはそれほどないでしょう。

文字にするには、まとまった時間を確保し、そのなかで自分と向き合って考えることになります。

キレイな言葉でも嘘は書けないですし、改まって文字にしようとすると、思っていたのと違うことも多々あります。

You Tubeも長期的に

6日前にはじめたYou Tubeも同じ考えです。

短期間で結果を出そうとしたら、そうそうにドロップアウトしていたでしょう。

一球入魂ですごい投稿をするよりも、無理なく続けられるくらいにしています。
(時間をかけても、今はこれ以上のクオリティーは無理ですが)

ひとり社長のしごと術/税理士ユウジロウ

YouTubeを見る人は多くても、実際にYouTubeで配信される人は少ないものです。

見るYou Tubeに慣れていると、YouTuberのようなきらびやかな演出を想像してしまうのでしょう。

YouTuberは、再生回数やいいねの数で広告料を狙うのでエンタメの要素が多いものです。

対して、You Tubeを自身のサービスに取り入れるのであれば過度な演出はそれほど必要ないかなと。

最初は緊張しますが、やってみると意外と楽しいものです。

いつまで続くかわかりませんが、長期的な視点で投資していきます。

<編集後記>
9月3日金曜日
2時22分起床後ルーティン
午前中、自分のキャッシュフロー試算、月次支援金対応、You Tube台本づくり・撮影・編集
午後、昼寝をしてからブログ更新。

9月4日土曜日
4時15分起床後ルーティン
午前中、You Tubeバナーづくり
午後からドラマ「東京MER」を家族で視聴、昼寝
夜は読書。

9月5日日曜日
4時30分起床後ルーティン
6時40分、北摂方面へロードバイクで出発。
勝尾寺ヒルクライム〜多留見峠ヒルクライム。
多留見峠は初クライムで、心は折れませんでしたがカラダが折れて。
何度か足ついちゃいました。

スポンサーリンク