スポンサーリンク




自分で限界を決めない<No 153>

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

kimg0891

)プレゼント

 

開業税理士が減っている

先日、お二人の方から同じことを言われました。

おひとりは、生保営業の方から。

もうおひとりは、会計ソフト関係の方から。

 

税理士が開業しなければ、所属税理士として勤務するか、

社員税理士として税理士法人を運営するかです。

開業しない税理士の多くは、このうち所属税理士を選択します。

所属税理士だと、営業する側からすると、

  • 生保の代理店契約が出来ない
  • 会計ソフトの新規導入の必要がない

などの理由から営業の対象から外れます。

 

私が開業してから一カ月が経ちましたが、

これまで営業された件数は

  • 会計ソフト 5件(ミロク情報サービス、JDL、ICS、A-Saas、TKC)
  • 生命保険  3件
  • 書籍販売・HP制作・広告会社など 2件

の合計10件です。

少ないパイを奪い合うので、どの営業さんも熱いです。

 

なぜ、税理士の多くが開業しないのか。

理由は、

  • のれん分けしてもらえない
  • 営業の仕方がわからない
  • 自信がない
  • 現状で満足
  • リスクを負いたくない

などでしょうか。

実際、税理士試験の勉強で、「税理士の営業」を教わることもありませんし、

税理士の取り扱う税務の範囲も年々増えています。

税理士が訴えられることもありますし、それなりのリスクも負います。

でも、リスクを負うのは何も税理士だけではありません。

あらゆる商売が、リスクを背負いながら事業をスタートさせます。

 

 

小さなゴールは明確に、大きなゴールはぼんやりでいい

ゴールが大きすぎるとプレッシャーで最初の一歩が踏み出せません。

まずは小さなゴールを設定して目の前のことに集中し継続します。

その日いち日でやることは、小さなゴールをより小さくしたものです。

なので、より達成感を味わうことが出来ます。

大きなゴールはぼんやりとしたものでも構いません。

大きなゴールを意識するのは、小さなゴールを達成しながら

たまに方向性を確認する程度で良いのでしょう。

それで状況が変われば日々軌道修正していきます。

 

税理士試験は一科目ずつ考えればいい

 

税理士試験でいう大きなゴールは5科目に合格することです。

しかし、一度に5科目合格することは現実的ではありません。

まずは、小さなゴールである1科目合格することに集中します。

1科目合格するには、

  • 専門学校で成績上位に入る
  • 上位に入るには、授業に出席し、しっかり復習する
  • 授業に出席するためには、仕事と勉強を両立する
  • 両立するためには、仕事も勉強も段取り良くする
  • 段取り良くするには、今そのときに集中する

小さなゴールからより小さなゴールを作り、

目の前のことだけに集中します。

だからと言って、必ず結果が出るとは限りません。

ですが、目の前のことに集中せずに、結果が出ることもありません。

仮に、集中せずに結果が出たとしたら、それは自分のチカラではなく、ただの偶然です。

 

開業も小さなゴールから始めればいい

 

私は、毎日小さなゴールを決めています。

 

 

 

そして、毎日の小さなゴールのその先に当面の小さなゴールがあります。

この当面の小さなゴールは、常に軌道修正します。

 

 

ぼんやりした大きなゴール

 

私のぼんやりした大きなゴールは、

隠居後の生活です。

自宅のテラスで、昼間からビールを飲みながらスペインサッカーを鑑賞します。

まわりには、友人や地域の人たちがいます。

サッカーの合間に税務相談もしている。

憩いの場を地域に提供し、地域のお役にたてることを考えます。

 

 

自分の限界を決めない

仮に私が限界を決めてしまっていたら、税理士にはなれなかったでしょう。

人より秀でた学もアタマもありませんから。

ここまで来られた理由は、

  • 目の前のことに集中したこと
  • それを続けたこと

この二つです。

誰でも出来ることです。

やらないだけで。

そしてもう一つ加えるなら、

  • 続けられる環境があったこと

 

開業しない税理士が増えていることは寂しい現状です。

税理士になった方は、自分の限界を決めなかった方たちです。

そして、税理士になったという小さな成功体験もしています。

これからも同じように乗り越えるべく山があることは、

この先の人生を素敵なものにさせてくれます。

そう信じるために、これからも挑戦していきます。

 

[ad#ads1]

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク