スポンサーリンク




「備えあれば憂いなし」ひとりビジネスは「もしもの感度」を上げておく<No 436>

)押し入れのおもちゃを待つ娘

 

 

ひとりビジネスは「もしもの感度」を上げておく

先日、妻が疲れでダウンしました。

首にはコルセットを巻いているので、
無理は出来ません。

平日は保育所があるので良かったのですが、
週末はそうもいかず・・

万が一に備えて、誰しも何かしらの対策は
していますが、ひとりビジネスであれば、
その感度をもう一段階上げておく必要があります。

 

 

 

感度を上げるのはビジネス&家族

家族と連携する

租税教室の前日でプレゼン練習の予定が、
娘が常に膝の上にいてははかどりません。

そこで、近所に住む両親の手を借りること
にしました。

妻には自宅で休んでもらい、娘と二人で
両親宅に向かいます。

向かった先ではリビングで両親に遊んでもらい、
私は別室でPowerPointと格闘します。

幸い、両親宅の押し入れにおもちゃを用意して
いたので、それで機嫌良く遊んでくれました。

また、緊急時にお願いできるよう普段から
両親とコミュニケーションがとれていたこと
も要因の1つです。

80近い二人には無理をさせてしまいましたが(^^;)

 

 

PCは2台持っておく

勤務時代はパソコン1台すら持っておらず、
2台持つという発想なんてありませんでした。

しかし、ひとりビジネスになると組織の後ろ盾は
何一つありません。

プレゼン中にPCが壊れても自分で解決します。

先日の租税教室内でもプレゼン中にMacBook Proが
固まりました。

幸い、予備のPCも持参していたので、
焦ることなくその場を対処することができました。

 

 

データは複数管理する

データは万が一に備えて複数管理
しているでしょう。

ひとりビジネスなら更に感度を上げておきます。

私の場合、税務など仕事に関するデータは、

  1. 今すぐ使うものだけを「Dropbox 」へ
  2. 全てのものを「OneDrive」と「外付けHD」へ
  3. 直近3年分は「紙」でも保存

するようにしています。

更に、「全てのデータ」+「バックオフィス機能」を
Evernoteに保存しています。

このうち、毎日使用するのは、
「Dropbox」と「Evernote」だけです。

紙の資料は鍵付きキャビネットに保存していますが、
最近は「IT力」が上がったせいか
3歩先のキャビネットよりEvernoteを検索する方が
速くなりました。

クラウドは「飛んだら恐い」という意見もありますが、
仮に全て飛んだとしても、紙で3年分あればなんとか
なるでしょう。

 

 

常にバージョンアップする

万全の備えをしていても、
備えはいずれ古くなります。

現状を見つめ、問題点を洗い出し、
常にバージョンアップは必要です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
4時45分起床後ルーティン
午前中、年間予想収支作成、無料税務相談事前説明会に参加
午後から、ブログ執筆、読書