スポンサーリンク




人が動けばお金も動く<No 243>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

 

 

パソコンサポート出張費用5千円は、高い or 安い?

税理士仲間との会話のなかで、
パソコン修理の話題が挙がりました。

聞くところによると、
プライベート用パソコンの動作が
かなり遅くなったとのこと。

そこで、出張修理を頼もうとしたところ、

  • 出張費用 5千円
  • 点検費用 3千円
  • 修理費用 要見積もり

との回答を受け、
結局、頼まなかったようです。

で、彼に問いかけられました。

高くないですか?

と。

当然、同意を得られるであろう
表情の彼でしたが、私の答えは
「ノー」でした。

 

 

人が動けばお金も動く

独立以前の私なら、
彼に同意していたでしょう。

そして、闇雲にググって
無駄な時間を消費していたかも
しれません。

しかし、独立してからは、
サービスの価値に敏感になりました。

  • 他人が提供するもの
  • 自分が提供するもの

いずれにしても、

人が動けばお金も動く

と当然のように感じるように
なりました。

 

 

自分の単価を決めておく

前述の、高いと感じた彼は、
ググって自力で修復することが
出来ました。

しかし、修復に費やした期間は
5日間。

一日当たり1時間としても、
トータルで5時間です。

実際のところは、
それ以上の時間を費やしたようですが…

彼の日当がいくらなのかはわかりません。

ただ、税理士の調査日当が3万や6万
とすると、彼が修復に費やした時間も
それ相応に価値ある時間です。

そこで、自分の時間あたりの単価を決
めておけば、所要時間をかけることに
よって、自分がやればいくらかかるの
かがわかります。

  • その金額より安ければ頼む
  • その金額より高ければ自分でやる

自分の単価を決めて、
サービスを頼む基準を設けます。

 

自分がその価格で受けることができるか?

人は他人のサービスを値踏みますが、
自分のサービスは値踏みません。
(税理士は自分を値踏みがちですが…)

なぜなら、自分がそのサービスを提供
出来るようになるまでそれ相応の努力
や苦労を重ねてきたからです。

また、サービスの質を維持するため
にも費用はかかります。

しかし、サービスの提供を受ける側は
自分との接点のみをクローズアップし
ます。

先ほどの、パソコン修理であれば、
実際の修理時間は30分であったと
しても、

  • 準備に30分 
  • 片道1時間の所要時間

であれば、
30分+1時間×2+30分=3時間

仮に自分が相手の立場であっても、
この仕事を数千円で受けることが
出来るのか?

そう考えると私は、簡単に値引き
を要求することは出来ません。

 

 

そうは言ってもそこに価値があることが前提

そうは言っても、値引きをしないことは、
相手に対しての配慮であり、自分が提供
する側であればそこに金額以上の価値が
あることが前提です。

  • 他人に対しては値引きをしない
  • 自分は金額以上の価値提供をする

この考え方があれば、
アップルが一人勝ちすることは
なかったでしょう。

 

[ad#ads1]

 

<編集後記>
4時40分起床後、ルーティン
日中勤務
帰宅後、ブログ執筆

 

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク